ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き)を解消!
寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


image12.gif

子供をぐっすり眠らせるための解決策とは?

子供の眠りについて重要なこととして、「赤ちゃんや子どもの睡眠は大人の睡眠とは大きく
違っている」とご説明いたしましたが、もう一つ重要なことがあります。それは...

「親がうまく導いてあげれば、子どもの眠りの習慣を改善することができる」

ということです。

これは当然ですよね。子どもの眠りの習慣は、親が意識するしないにかかわらず親の
行動によって形成されたものです。ということは、親が上手に導いてあげれば軌道修正
できるはずです。

ただし、そのためには、ご両親が正しい知識を持って、お子さんを導いてあげなければ
なりません。

そこで、私は、お子さんの眠りの悩みを持つ方々のために、マニュアル「赤ちゃん・子どもが
ぐっすり眠る魔法の安眠術」
を完成いたしました。

これをご活用いただければ、無駄な時間や余計な費用をかけることなく、お子さんの眠りを
望ましいかたちに導いてあげることができます。この結果、あなた自身もぐっすり眠れるように
なることでしょう。

睡眠に関しては、医師、薬剤師、保健師、看護士などの医療関係者のあいだでも誤った
知識が広まっていると指摘されています。

まして成人と違って特殊な面がある赤ちゃんや子どもの眠りに限定すれば、適切で十分な
知識を持つ方はさらに少ないと予想されます。

あなたはいろいろなところから情報収集することが可能でしょう。情報源は、書籍、友人、
テレビ、インターネットなどさまざまでしょう。

でも、それらからの情報は断片的なものばかりであり、相反していることも珍しくありません。

そのため、大きな方針が定まらないまま、あれこれといろいろなことを試しては自分の子供に
どれが合うのだろうかと頻繁にやり方を変えがちになってしまいます。

このように方針がふらついてしまうと、お子さんに混乱が生じてよい習慣が形成されることは
ありません。

お子さんの眠りを改善するためには断片的な知識だけでは不十分であり、体系的で適切な
情報が必須です。

子育ての大事な時期です。あなたは「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」を活用
して体系的で適切な知恵や知識を持って、大切なお子さんを導いてあげてください。

「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」がどんなものかを知っていただくために、
サンプルページをご用意いたしました。→ こちらから

また、このマニュアルがどのような内容なのか、以下にほんの一部をご紹介いたします。

子供の眠りは大人とこんなに違うの?!

たとえば、成人の睡眠は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」からなりますが、新生児・乳児の頃は
まだこのようになっておらず、幼児でも不完全です。お子さんの眠りを改善するうえで知って
おいていただきたいことをまとめて解説しています。

夜中に目を覚ましたときの適切な対応、不適切な対応

子供は5歳頃まで浅い眠りが現れる頻度が高く、夜中に頻繁に体を動かしたり、
むずがったりします。このときに親が不適切な対応を行うと子供は一人で眠りに戻ることが
できなくなり、夜中の目覚めが習慣化してしまうこともあります。そうならないための方法を
ご説明しています。

子供の寝つきをよくする方法

おやすみ前に行うことで子供の寝つきがよくなる方法を解説しています。それほど難しい
ことではないのですが、実際のところは真逆のことを行い、お子さんの寝付きを妨げて
しまっている方が多くいらっしゃいます。

夜泣きの解決策

夜泣きの原因はさまざまです。そのため、これを行えばよいというただ一つの方法は
ありません。その代わり、原因に応じた適切な対策を行えば夜泣きを解消すること
ができます。

赤ちゃんの泣き、寝ぐずり対策

夜泣き以外にも寝ぐずりなど、あかちゃんが泣いてなかなか寝てくれないことが
よくあります。
これらの泣きは、月齢によっても性質が異なります。ここでは、それぞれの泣き対策を
解説しています。

夜中に目を覚ますことをなくすには?

生後3~4ヶ月を過ぎていて、授乳などのために夜中に何度も起こされているようでしたら、
望ましくない眠りの習慣が付いていると考えられます。ここで、お子さんを夜通し眠らせる
ための方法を知ってください。

お昼寝は、させてあげるだけではダメなんです

お昼寝は、単に寝かせてあげればよいというものではありません。上手に寝かせてあげれば
活き活きとして、また夜の寝付きもよくなります。反対に、不適切な方法でお昼寝をさせて
しまうと夜の寝付きが悪くなりますので要注意です。

子供の目覚めをよくするとっておきの方法

子供を無理に起こそうとしても、そう簡単には起きてくれないものです。ここでは、目覚めを
よくするためにはどうすればよいのかを解説しています。

子供の適切な睡眠時間を知る方法

適切な睡眠時間には個人差があります。といっても、自分の子供の適切な睡眠時間が
わからないことには改善のしようがありません。そこで、お子さんの適切な睡眠時間を知る
方法を解説しています。

眠りをよくするため、授乳のときに注意すべきこととは?

授乳の際に気をつけないと子供の眠りを妨げてしまうことがたくさんあります。また、反対に、
配慮すると子供の眠りをよくすることができることもあります。

眠りたいというメッセージに気づくためには?

子供は自分で「もう、眠い」ということができません。しかし、「眠りたい」というメッセージを
受け取ってあげることはできます。これを見逃すと、子供はますます寝付きが悪くなって
しまいます。

睡眠環境の整え方

デリケートなあかちゃんや子供にとって、良好な睡眠環境は大人以上に大切なものです。
ここでは、寝室の温度・湿度の調整の仕方、騒音対策、明るさのコントロール、寝具などに
配慮すべきことを解説しています。【続きを読む】

赤ちゃん・子供の睡眠の悩み(夜寝ない、寝付きが悪い、寝ぐずり、夜泣き)を解消!
寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/931-6968c580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。