ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日15分!高齢者でもできる!伊藤式膝痛解消プログラム

head-H5.gif

もしあなたが「ひざの痛みから解放されたい」「ひざを気にしない生活を取り戻したい」と
思っているのであれば、5分間だけこの手紙を読んでください。

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
 病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

実務12年間、数多くのひざの痛みに悩む患者に接してきた
伊藤孝之が、自宅でひざの痛みを解消できる
トレーニング方法を、初公開します!!

あなたのヒザの痛みが解消する
”3つの理由”を
今から完全無料でお伝えします。


延べ2500人もの皆さんは一体どのようなことをして
ひざの痛みから解放されたのか。

その秘密を包み隠さずお話致します。

はじめまして。伊藤 孝之(いとう たかゆき)です。

私は12年にもわたり、ひざの痛みに悩む患者さん達と
ひざの痛みに向き合ってきました。

実際に現在も現役の柔道整復師として活動をしているので、
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

ひざの痛みで悩む人があまりにも多いから。

そして、その人たちの「ひざの痛み」を解消して、
快適な生活を送ってもらうためです。

厚生労働省の調査によると、
約1000万人もの人たちが「ひざの痛み」に悩んでいることがわかっています。
これは本当に多い数字です。

中高年の3~4人に1人がひざの痛みを抱えているというデータもあります。

「整体に通ったり、手術をしないとひざの痛みなんて解消しないんじゃないの・・・」

という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

私のところに相談に来る方も、以下のような悩みを抱えています。

「ひざが痛くて満足に動けない。でもどうせ治ることはないし・・・。」

「もう年なんだから、ひざが痛くてもしょうがない。」

また、本屋さんで売っている「ひざの痛み解消法」や、
インターネットの情報で試してみても、
「なかなか効果が感じられない」「継続できない」ということもよく聞きます。

一般的には「ひざの痛みは手術しかない」と。

それでも私は、「自宅でヒザの痛みを解消できるトレーニングはないものか」
という課題を自分に与え、独立してから7年もの間、研究をしてきました。

やはり週1回の施術ではなかなか改善するのも難しいと感じていたのです。

患者さん達に少しでも楽になってもらおうと、
それこそ市販されている本の内容を試してみたり、
体の構造を研究したりしてきました。

その間も患者さんへの施術を毎日行って行く中で、
私はある方法を思いついたのです。

その瞬間には「これだ!!」と、飛び上がったことを今でも覚えています。

早速よく来てくれる患者さんに連絡を取り、
その「ある方法」を実際に自宅で試してもらうことにしたのです。

その数週間後、
最初は歩くのも辛そうだった方が、
軽快な足取りで私のところに
お礼の報告に来たのです。


その人は、念願の夫婦で散歩を毎日するという幸せな日々を送っているそうです。

もちろん、手術で骨を削ったり、無理な施術をしたりということは
一切やっていません。

自宅で毎日少しだけ、簡単なトレーニングを実践しただけなのです。

通常、ひざの痛みを取るには手術をしたり、
整骨院や整形外科に頻繁に通うという方法が一般的です。

しかし、この解消法は
一切お金をかけずに
簡単にできるのです。


しかもこの方法には、すごいところがまだあります。

伊藤式トレーニングは
自宅で
ひざの痛みを解消できます。


実は、ひざの痛みを解消するのに手術は必要無い?!

一般的に、「ひざが痛くなった」と
感じたら、整骨院や整形外科での治療に行きます。

場合によっては、手術をしなければならないということもあるでしょう。

しかし、手術というのは誰でも不安や心配があるものです。

さらに、手術での治療は、ひざだけでなく体全体に負担がかかります。

入院も必要であり、もちろん費用もその分かかってきます。

もしあなたが手術で治すことを決意しているのならばそれもいいと思いますが、
手術の内容と効果、危険性、入院の期間と費用に関しては
しっかりと主治医と相談してから行ってください。

手術には、大きく分けて「人口関節置換術」、「関節鏡手術」、「骨切り術」の3つがあります。

どれも痛そうですね。。

「人口関節置換術」とは、痛みのある関節を取り除いて、
人口の関節に置き換えるという手術です。

痛みのある部分を全て取り除くため、
痛みの取れ具合はとても良好です。

しかし、あくまで人工物のため、現在では耐久性に限界があります。

「関節鏡手術」とは、内視鏡を使用して骨の出っ張りなど痛みの原因を取り除く手術です。

内視鏡の手術なので、傷も小さく、手術後の回復も早いです。

しかし、効果の持続性については明らかでなく、
手術後1~2年で再発してしまう場合もあるそうです。

「骨切り術」とは、その文字通り痛みの原因となっている骨を切る手術です。

手術後は10年以上もよい状態を保てますが、
とても大掛かりな手術になるため、元気に歩けるようになるまで2~3ヶ月もかかります。

つまり、3種類の手術を見ても、どれも根本的な改善にはなっていないということです。

また、手術ですから、100%成功するとも言い切れません。

サポーターをひざに巻いて対応するのは?

ひざが痛い人で、サポーターを巻いて生活して
いる人を見かけることがあります。

サポーターはどれくらいの効果があるのでしょうか。

ひざの痛みを解消するのに、大事な原則は
「暖めず・冷やさず」
この2つです。

炎症を起こしている場合は、
炎症を増幅させて、回復が遅くなってしまいます。

ただし、ほてりがある場合には軽く冷やして下さい。

あくまで冷やしすぎないように、ほてりを取る程度に軽くです。

サポーターをしているから安心ということはありません。

それによって回復していくということもありません。

寒い冬などには、「冷やさない」という部分においてはいいのですが、

根本的な部分は改善されないのです。

もしかしてあなたはヒザ痛の原因をこう思っていませんか?「筋肉が衰えてきてる」

「軟骨がすり減っている」

「体重が重いから膝に負担がかかる」

もし、あなたがこんな風に思っているのであれば、
大きな勘違いをしています。

もちろん要因の1つにはなっているかと思います。

実は、ひざの痛みが出る原因はたった1つ。

膝の使い方(歩き方)に原因があるのです。

普段歩くときにひざの使い方が悪いため、
歩き方が曲がっていき、
ひざ、腰、背骨、全ての関節がゆがんでしまい、
そこが痛みとなってくるのです。

ですから、ひざの動かし方を矯正していく必要があります。

「具体的にどうすればいいのでしょうか?」

はい、この方法を直接あなたにお教えしたいところなのですが、
私は現在、現役の柔道整復師としても活動しており、
直接お教えするには限界があります。

ですので、ひざの痛みでお悩みのあなたのために、
このひざの痛みを解消する秘密の全てを公開したマニュアルを執筆しました。

そのマニュアルの一部を紹介すると・・・【続きを読む】

1日15分!高齢者でもできる!伊藤式膝痛解消プログラム

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/865-d2526fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。