ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の薄毛解消法 女性ホルモンアップによる薄毛解消・発毛法

 catch-H.jpg

育毛剤=脱毛剤とは?

実際に育毛剤をお使いの方には非常にショックな話しだと思うのですが、
私たち発毛のプロの間で、育毛剤は抜け毛をさらに悪化させてしまうということは
もはや常識です。

「抜け毛を止めようとわざわざ高いお金を出して買って使っている育毛剤が、さらに
抜け毛を悪化させるなどというのは冗談じゃない!」 

そのようにお思いになるお気持ちは重々理解できます。

いまあなたがお使いになっている育毛剤。

それをティッシュでも綿でも構いませんので、充分育毛剤で湿らせて火をつけて
いただけますか?

たぶん勢いよく火がつき燃えますよ。

水で湿らせたティッシュや綿はもちろん火が付かないので、育毛剤を浸したティッシュが
燃えているのではなく、育毛剤に含まれるアルコール分が燃えているのです。

私が実験した育毛剤はすべて火が付きました。

育毛剤の良い効果は若干の殺菌効果だけです。
それも現代のように毎日洗髪する時代には必要のない殺菌効果です。

逆に弊害は山のようにあります。

まずお金がかかりますし、多くの化学合成物質を頭皮につけるのですから当然大きな
薬害を浸透させて毛根を汚染させる元になります。

いい匂いが残る。

合成香料だからいつまでも香りが残っているのですが、その分いつまでも弊害は
残ります。

抜け毛に悩む多くの方が薬害を大きな原因としております。

毎日、育毛剤を使っている方は、
自らお金を出して、大切な髪を失うような悪習慣を毎日しているのです。

耐性とリバウンド

「でも、育毛剤を使って少し薄毛が解消したこともありますが…」
「CMなどでも回復した人がいますがあれは何ですか?」

確かに、育毛剤も一時的に血流を促して育毛の効果をもたらすものもあるかも
しれません。

しかし、人間の耐性とリバウンドという性質を知ったら、何故わたしが育毛剤=脱毛剤と
言い切ったのか
わかっていただけると思います。

耐性とは、環境の変化に耐える生物の性質で、薬や育毛剤などの反復使用によって
効果が低減するということです。

効果を持続させようとすると、薬などの量を時間とともに増やしたり、濃度を濃くしたり
し続けなければなりません。

量や濃度を増やせば、その分、薬害も多く蓄積してしまうことになります。

次に、リバウンドとは、ダイエットなどで良く耳にされると思いますが、薄毛対策でも同様で
対策を持続し続けなければ元に戻ってしまうことです。

育毛剤や薬の対策の場合、
元に戻るどころか、薬害だけが残って、使用前より悪化してしまうこともあります。

このような人間の性質を考えても、長期的な視点から見ても、継続できない対策、
育毛剤・薬に頼った育毛方法というのは好ましくない
と言えます。

では、どうやったら女性の薄毛が健康で安全に解消できるのか…その前に、

はじめまして。日本発毛協会の根岸です。

わたしは26年前に美容師の仕事をしていました。

そこで毎日、女性のパーマやカラーをしていましたが、一般的な美容室での仕事は髪の
健康を害することに加担しているのでは?という思いがフツフツとわいてきました。

そのような折、ゼネラチオン理美容学会の森テル子氏より神経および栄養学と毛髪の
関係を学ぶ機会がありました。

その内容に衝撃を受け、『健康な髪こそ、真の美容』と考えるようになりました。

それ以降、健康な毛髪を得る道を模索し続け、「自然発毛治癒力発毛法」創始者
鶴巻成男氏 に出会い、理論・実技を習得しました。

これまで薄毛の悩みを受けた人数は、2,000人以上になります。

そのほとんどの女性が薄毛、育毛に対する間違った知識を持っていました。

つまり、薄毛の原因を排除せずに、何か魔法の商品に頼る方が多いのです。

残念ながら、薄毛を解消する魔法の商品は存在しません。

私がこのサイトを立ち上げた理由は、
女性の育毛・発毛の誤った知識を持った人があまりにも多いからです。

そして、その方達に正しい知識を伝え、薄毛を解消し、悩みのない生活を送って
もらうためです。【続きを読む】

女性の薄毛解消法 女性ホルモンアップによる薄毛解消・発毛法

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/820-2a8a8aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。