ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイバイ、喘息発作!「気道を守る 喘息発作予防術」

title33.png

あなたがもし、
お医者様からいただく薬だけでなく、
自分でも喘息をコントロールして
発作の恐怖から解放されたいと思われたら、
私の話に5分間ほどお付き合いください。


あなたとあなたのご家族のために、
余計な費用や時間的な負担がほとんど無く、
いつでもどこでも実践していただける
喘息発作予防術をはじめて公開します。

mirumiru.png

本商品には立ち読み機能がついています!!
内容に自信があるので、中身を一部お見せします。

喘息の患者さんにとって、
発作の苦しみから解放されたら、
これほど幸せなことはないでしょう。

「夜中に咳き込んでゼーゼーするのが治まらないんです。」

「発作が怖くて乾燥する季節は外に出るのが苦痛でしかたないんです。」

「運動すると、きまって発作が起こります。」

喘息発作が起こる要因は様々ですが、
あなたはどのような方法で発作予防に努めてますか?

おそらく多くの方はお医者様が処方される薬で
発作予防をされていることと思います。

では、どのような薬をお医者様から処方していただいているのでしょうか。
おそらく、気管支拡張に関するお薬や気道の炎症を抑えるお薬を
いただいているのでしょう。
ステロイド剤を使用している方もおられると思います。

あなたは、そういったお薬を使用することで
発作の恐怖が完全に消えていますか?
普通の人と変わらない日常を過ごせていますか?

もしそうであればここから先はお読みいただく必要はありません。
現在の治療法を継続していただければ、と思います。

しかし、あなたがもし、
お医者様からいただく薬だけでなく、
自分でも喘息をコントロールして
発作の恐怖から解放されたいと思われたら、
私の話に5分間ほどお付き合いください。


「ステロイドを使わないセルフ・コントロール? そんなバカな!」

あなたは、お医者様のくれた薬でしか
喘息の発作を予防することはできないと思われるかもしれません。

しかし、
長い間喘息を経験した者にしかわからない、
自分で出来る喘息発作を予防する方法があるんです。

私はこの喘息発作予防法術を編み出してから数ヶ月で
喘息発作の回数が1/20以下になり、

2年目以降はまったく発作を起こさなくなりました。

また、私がアドバイスした人からも、
発作が減ったばかりでなく風邪を引きにくくなった人が

沢山出ているのです。

あなたは、その方法とは一体何だと思われますか?

はじめまして!

私がこのたび喘息発作予防術について、
あなたにお伝えさせていただく
月島 高志です。
少し、私自身の話をさせてください。

喘息が気道の炎症により発生するものだと言うことが
知られるようになったのは1990年代になってからのことだそうですが、
私はそれよりも早い時期に自力で
その事実に気づき、
冷たい空気、埃、ダニその他あらゆるアレルギー物質から
気道の炎症の悪化した場合でもそれが発作に移行する前に緩和し
その後19年間発作とは無縁の生活を送ってまいりました。

以下に私の喘息履歴を簡単に記させていただきますので、
あ なたの現在の症状と照らし合わせて読んでみてください。

でも、あなたはこんな回り道をしなくていいんですよ。

以下に私が喘息を発症してからの経歴を記させていただきます。

 2歳      : 肺炎にかかり、それがきっかけで喘息が発症する。

 4歳~8歳  : 入退院を繰り返し学校を休むことが多くなる。

 9歳~16歳 : 成長とともに喘息は治まるという期待を持っていたがまったく改善の気配無し。

 17歳     : 高校2年生の時、喘息のために出席日数が足りず留年する。

 20歳     : 明治大学に合格するも喘息は治らず将来を悲観する。

 21歳     : ひょんなことから喘息発作予防方法を発見!→発作回数が激減する

 22歳     : 発作がまったく起こらなくなる。そして大学生活が充実したものになる。

 24歳     : 一部上場企業に入社する

 その後現在に至るまで16年間発作無し!

私が喘息発作予防術を発見したのは21歳の時ですが、

何故喘息発作は深夜、特に明け方に起こるのか

ということも分りました。

ひとたびこの事実に気がつけば好循環で
どんどん発作予防の方法が頭にあふれ、
いろいろと開発し試してきました。

その結果、
睡眠時ばかりでなく、

掃除のとき、

寒い冬の外出時、

飲み会でお酒を飲んだ時、

大声で笑った後、

花火や香水など発作を誘発するような匂いをかいでしまった時など、

何十パターンとあったあらゆる喘息発作の要因を

全て抑えることができるようになったのです!

自分でも驚きました。
今までの苦労はなんだったのかと思いました。

だってテレビを見て大声で笑ったり、
くしゃみをしたりするだけで
発作を起こしていた私が
ほんの少し日常生活で気配りをするだけで
あの恐ろしい発作の苦しみから解放されたのですから!

title4.png

私の提唱する喘息発作予防術とは、
とにかく気道を良好な状態に保ち続けるということと、
もし気道の炎症が悪化してしまったら
発作に移行する前に炎症を鎮めるように対処することです。

「そんなことはわかっているよ。だからステロイド吸入を毎日つづけているんだ。」

「喘息対策なら外出時にマスクしてるからそれでいいんでしょ?」

そういった声が聞こえてきそうですが、
私があなたに提供させていただくのは、

薬だけに頼らず、

いつでも、どこでも実践出来て、

余計なお金もかからず、

時間もかからず、

副作用も一切なく

気道の炎症を鎮め、

発作の苦しみからあなたを解放する方法です。

マスクも意味がないわけではありませんが、
喘息の発作を誘発する因子はマスクを通してしまうので
それだけでは不十分なのです。

喘息という病気は、
根本治療を目指すとなると
大きな苦労を強いることになりますが、
私がご紹介する喘息発作予防術を駆使して
喘息をコントロールし、
喘息発作の回数を減らすことは
それ程の苦労を要しません。

例えるならば、
目の悪い人が近視を根本的に治そうとすると
レーザー手術をするなどリスクを伴う
治療をしなければなりませんが、
眼鏡やコンタクトレンズを適切に使用すれば
生活するのに全く支障がないということと同じです。

要は不便なく日常生活を送れることができればいいわけですから
根本治療については、長期的な視野で取り組んできただき、
今晩にも来るかもしれない発作についての予防を
本マニュアルを元に取り組んでいただきたいと思います。

そして発作の回数を減らせば
気道の慢性的な炎症が徐々に改善され、
ますます喘息の発作が起こりにくい
好循環の状況を作ることができます。

その結果、体が強くなり、
喘息の完治につながる可能性が高くなります。

つまり、喘息完治の近道は
喘息発作を起こさないことなのです。

この方法は知り合いの小児科医にも絶賛していただきました。

怪しげな民間療法の類ではなく、
むしろ現在の喘息治療の流れと非常にリンクしている方法ですので
現在喘息治療されている方は平行して行っていただけます。

title5.png

喘息の発作が起こるのは
気道の炎症に起因しているということは良く知られています。

慢性的に炎症状態である喘息患者の気道が
さらに悪化することで、喘息の発作は起こりますが、
気道の炎症の悪化を防ぐということと、
炎症が悪化してしまっても喘息発作に移行する前に
炎症の悪化を鎮めてしまおうというのが
この喘息発作予防術です。

この方法は、あなたにも無理無く始めていただけます。

その理由を3つご説明いたします。

第一に、新たな薬剤や特別な器具を使うことがないので、
現在服用しているお薬を継続して使用していただけます。

第二に、いつでもどこでもできるので、
日常生活を犠牲にしたり、
ご家族やご友人に迷惑をかけるようなことは一切ありません。

第三に、お金がほとんどかかりません。
むろんゼロ円ではありませんが、
別の何か高額なものを購入したり
セミナーに参加しなければならないようなことは一切ありません。

このように私の喘息発作防止j術は、
あなたにもすぐに開始していただける方法です。

たった今、今晩から行っていただくことができるのです。【続きを読む】

バイバイ、喘息発作!「気道を守る 喘息発作予防術」

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/808-1f53f974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。