ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫背矯正完全マニュアル

top1-H1.jpg

rei_1.jpg

はじめまして。
青山一丁目カイロプラクティック院長  山口 博です。

わたしは22 年以上にわたり、猫背矯正・姿勢矯正に
ついての研究と活動を行ってまいりました。

健康に関するテレビの出演や、姿勢に関する雑誌などで掲載されておりますので、
もしかしたらご存知の方も、いらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

logo10-H.gif

そして、その人たちの猫背を改善させ、快適な生活を送ってもらうためです。

『でも、いままで整体やカイロプラクティックにも行ったし・・・』
『矯正器具も購入したけど、ぜんぜん治らなかった・・・』

という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

私のところに相談に来る方も、以下のような悩みを抱えています。

『猫背は治したい。でも、何度も通うためのお金がありません。』
『施術後は、ある程度よくなるけど、また丸まってしまいどうすればいいのか・・』


また、ちまたで売っている『矯正器具』や『トレーニング方法』で
猫背を矯正させようとしても、『痛みがともなって続けられない・・・』
『激しい運動はちょっと・・・』
といったこともよく耳にしています。

一般的に猫背を解消する方法は、
なんども整体やカイロプラクティックに通うのが一番だとされていました。

しかし、私は『もっと簡単に、痛みをともなうことなく、矯正させることは
できないのか』
という課題を掲げ20年来研究を重ねてきました。

世間に出回っている『矯正器具』や『トレーニング方法』の効果を測定してみたり、
施術での理論を分析してみたり、いろいろなことを繰り返し研究し、試し続けました。

その研究が、数年過ぎようとしていた日のこと、私は“あること”に気がついたのです。

その瞬間は、『これだ!』と、飛び上がったことを今でも覚えています。

そして、ドキドキしながらも、そのあることを、実際に猫背で悩んでいる方に
試してもらうことにしたのです。

その約30日後には、猫背は改善され、
姿勢が美しく“凛”とした姿になっていたのです。

その方は、特別な『矯正器具』を使ったわけでもなく、
激しいトレーニングに苦しんだわけでもありません。

その後、私は【日刊ゲンダイ】【R25】 【日経おとなのOFF】の一般雑誌や
新聞の掲載、そして【スーパーモーニング】 【スーパーJチャンネル】
【やじうまプラス】 【ウーマンズサロン】 【発掘!あるある大事典】
など
テレビマスメディアにも出演させていただき、
猫背矯正に関して数多く取り上げていただきました。

そして、この猫背矯正法のスゴイところはまだあります。
logo100.gif
『施術の効果ってどのくらい?』
と思うかもしれませんね。
そこで一般的に行われている施術についてお話しましょう。
logo101.gif
『施術』では、筋肉をゆるめ、関節や骨の可動範囲を正常に近づけて『背骨』を
本来あるべき位置に戻す。ということになります。

しかし、本来あるべき位置に戻したとしても、それを維持させるだけの体や、
習慣がないと、また丸まった猫背姿勢へと戻ってしまいます。

こうなると、猫背を治してもまた戻る・・・・
猫背を治してもまた戻る・・・・。
という悪循環だけが繰り返されてしまいます!

そう!正しい姿勢を継続させるには、背骨があるべき本来の位置で、
体に覚えこませる必要がある
のです。

このことを理解していない限り、あなたは何度も『整体』や『カイロプラクティック』に
通う必要がでてくるのです。

もちろん、施術後そこまで指導してくれる先生なら良いのですが、
中には何度も来院していただくために、
『伝えない』『隠してしまう』ところもあるのが、事実です。

また、解消とはいかなくても『現状維持』や『健康促進』で
止まってしまうのです。

整体やカイロに通いたくても、遠方である、
時間的に都合がつかない、
諸事情があって時間が開いてしまうなど、
これまで多くのご相談がありました。
また、他のところで随分とお金をかけていらっしゃる方も
多いようでした。

実際、整体やカイロに行って施術を受けて、一度背筋が伸びたとしても、
次に整体やカイロに行く時間が開いたり、会議やパソコンなど長い時間
丸まった姿勢が続くと、猫背になりやすいのは、確かです。

また、自分で背筋が丸まっている感じがする日ほど、自分で行うことが猫背の
改善には重要です。

年齢やその方の体質、仕事などの生活環境で、猫背の改善は随分と違いますが、
すぐに背中が丸まってしまうとお悩みの方、金銭的なことや施術にご不安を
お感じの方に、この事を知っていただきたいのです。

『 猫背を治したいけれど・・・激しいトレーニングはイヤだ・・・』
『 通って治したいけれど、めんどくさいし、お金が続かない・・・』
『 いくつか試せば、矯正器具だけでもなんとかなるでしょ? 』


あなたも、こんな気持になったことはありませんでしょうか?
logo102.gif
最近のインターネットでは、本当にたくさんの猫背矯正器具が売られています。
その中でも一番よく使われるものは『猫背矯正ベルト』です。

このベルト類はとても簡単で、
便利な矯正器具として認識されています。

しかし、よく問題になるのは、矯正ベルトをお使いの方は
『正しい姿勢』を継続したいとの思いから、
ほぼ1 日中していることが多いことです。

たしかに装着しただけで、
背筋が『シャキッとまっすぐになる』のですが、
ルトによっては、肩や脇が締め付けられて
真っ赤になったり、ベルトをしないと不安になる方もいます。

考えても見てください。
あなたの骨盤や背骨を支えているのは筋肉です。


矯正ベルトは、この筋肉の代わりに骨盤や骨格を“
一時的に支えているもの”であり、
あなたの筋肉を鍛えてくれるものではありません。

よって矯正ベルトを【常用】すると逆に、筋力が弱まってしまい
ベルトなしでは、伸ばしにくくなってしまうことがあります。
logo103.gif
『もともと疲れやすい体質で、真っ直ぐに伸ばしても維持できない。』
『親も猫背だから、遺伝だとあきらめている』
『年齢による老化現象。』

もしあなたが、こんなふうに思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

たしかに年齢によって骨が変形すると、猫背になる方がいらっしゃることも
事実ですが、日常姿勢に気をつけて、無理なく猫背を矯正するようにすれば、
お年を召されても、背筋はある程度伸びたまま、維持することができると
考えられます。

猫背姿勢を定着させる原因として、大きく2つ考えられます。

運動不足よる筋肉の衰え
日常生活の習慣(クセ)


猫背姿勢になってしまうには、このような原因があります。

しかし、猫背の方はこの事実をほとんど知りません。

身の回りの人に聞いてみてください。
『なんで猫背なるのか知ってる? 』と。

するとほとんどの人が、『体質や、老化現象でしょ?』と答えるでしょう。
でも、大半は違います。

logo104.gif

この事実をふまえ、もう少し具体的に説明していきます。【続きを読む】

猫背矯正完全マニュアル

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/707-e1b8b7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。