ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~完全版~

txt_8.gif

アイ・トレーニング 視快研 小牧店で、アイ・トレーニング公認の
インストラクターをしております。

平成15年8月にオープンして以来、6年がたちました。
お陰様で今まで 987名 の お子さまが、視力アップに成功し 卒業されました。

その 経験と実績から、

txt_9.gif

視力アップのプロとして断言しますが…

日頃の生活習慣を改善する。 正しい眼球運動を行い 両眼の焦点合わせ を 行うだけで、
低下した視力は 自然と 良くなるものなのです。

もし あなたが、お子さまの近視にお悩みになり、
「 自分は 親として失格なんじゃないだろうか? 」
と 自分を責めているとしたら、どうか 自分を責めないでほしい。

そして、今後一生涯にわたって、メガネ や コンタクトレンズ の 必要のない、
快適な人生を送ってほしい。

そんな思いを込めて、今回 この手紙を書くことを決意しました。

とは言え、私にとって このトレーニング方法を公開することは、
かなりの勇気が必要だったのも 事実です。

というのも、これらのトレーニング方法を公開してしまえば、
私自身の本業でもある インストラクターの仕事 が 激減してしまい、
「 視快研 」の お店の看板を 下ろさなくてはならない危険性が あるからです。

なぜ、そんな危険をおかしてまで、私がこの方法を 公開しようと決意したのか?

それは、私のお店に来られる9割以上の方が、今まで 眼科で目薬をさしても、
ワック という 視力回復トレーニングを受けても 全く改善しなかった…。

と 思い詰めた顔をしながら言われ、
「 早くしないと 手遅れになってしまうのではないか? 」
その不安から、ワラをもすがる思いで お店に来られているからです。

特に、これからご紹介する A子さんの お子さまは、
トレーニングの開始が遅れたことにより、 視力0.2まで進行してしまい、
その結果、0.8以上 視力回復できなくなってしまったのです…

txt_10.gif

ある日 A子さんは、学校の先生からお子さまの視力が 0.4だと知らされます。

それを聞いたA子さんは、ネットで調べたか 周りのクチコミ かは 分かりませんが、
お子さまとご一緒に、当店の無料体験を 受けられに来られました。

検査の結果、A子さんのお子さまの視力は、1.0程度 回復する可能性が
じゅうぶん残っていました。

その証拠に、一回目の体験後には 左右0.5まで回復

しかし、A子さんはある事を知った瞬間、トレーニングを続けることに対して
躊躇されてしまったのです。

そう。トレーニングにかかる費用です。

私どもの運営している 視力回復センターの費用は、
入会金、トレーニング費用を合わせると5万円程度かかります。

A子さんは、その金額を聞いた瞬間、
「 もう一度 良く考えてきます・・・ 」
そう言い残して 帰られてしまいました。

おそらく、より お金がかからない方法を探すか あるいは、
眼科で相談して、そこで よくなるものなら 眼科で良くしよう…
そう思われたのではないでしょうか。

しかし、眼科で処方された目薬( ミドリン )を2か月さしても、
ワック を 週5日のペースで受けてみても、
視力が徐々に 低下していったそうなのです。

そして、3カ月後には 眼科の先生から こう言われたそうです。

txt_11.gif

それを聞いたA子さんは、
「 このままでは駄目だ・・・ 」
そう思い、お尻に火がつき 再度 来店されたのです。

しかし、残念ながら その間 A子さんのお子さまの視力は 0.2まで低下。

しかも 検査の結果、かなり 視力の悪化が進んでしまっていたため、
メガネが必要でない、0.8以上 回復する可能性が無くなっていました。

txt_12.gif

実は、子どもの視力は0.7以上(仮性近視)なら、元に戻る可能性は高いです。

しかし、0.7未満の真性近視( 治らない近視 )になったら、
いくら子供といえども、もう 元の視力には戻らないのです。

子供の視力は 落ち始めると、たった1ヶ月でも一気に0.3程度にまで
落ちてしまいます。

つまり、視力は 低下すればするほど、回復しなくなってしまうんです!

そこで、あわてて 眼科 や 眼鏡屋さん に 行って
黒板の字が見えにくい、と 訴えたところで、
「 それでは もう メガネですね 」
といわれ、すぐに メガネ を 勧められてしまいます。

あなたもご存じのとおり、メガネをかけると 子供の近視は さらに進みます。

そうなると、お子さまは一生、メガネ か コンタクトレンズ の 生活です。
( 特に、小学校 低学年 からのメガネの常用は、
子供の近視を 急速に 進めてしまうので気をつけてください )

メガネなしで、本を読んだり 字を書いたりするのも不便です。

しかも、メガネをかけて ドッジボール や サッカー などは
危険なので、できるだけメガネは 避けたいところですよね。

さらに、幼いころからの 重度近視(0.1以下)は、
日常生活に 支障がでるばかりでなく、将来的には・・・

txt_13.gif

中でも、緑内障の発症率は、普通の人の2倍といわれています。

手遅れになると 視力の向上は困難になります。
だから、早期発見、早期トレーニングが必要なのです。

その事実を知ったA子さんは、文字通り 言葉を失った様子で 終始 無言。

眼科で やれることはやっても 駄目だったので仕方がない…
という感じだったのだと思います。

再度 来日されたA子さんは、前回と違って 来店したその日に入会。
そして、お子さまの努力と お母さまの思い との 相乗効果もあり、

txt_14.gif

当初の予想通り、2か月以上トレーニングを続けてみても、
それ以上、視力はアップしませんでした。

私は これ以上、 視力は回復しないことを告げると A子さんは、
思い詰めた顔をしながら 涙ながらに こう訴えられました。
「 こんなことなら もっと早く 入会していれば良かった・・・ 」と。

A子さんの言葉は、胸が締め付けられるような思いでした。

それと同時に、
あぁ こんなことになるんだったら・・・だったら、あの時、
無理やりでも説得して トレーニングを受けさせるべきだった!!

フツフツと怒りにも似た、様々な感情が沸き起こってきましたが、
私はハッ! と気が付きました。

そうです。
「 そもそも、手術をせずに近視を治すことなんて 眼科の先生はできない。
視力に関する間違った情報が 氾濫していることにも 原因があるのだ 」と。

そう思った私は、悩みに悩んだ末に、あることを決意したのです・・・。

txt_15.gif

そう、A子さんと同じ悩みをお持ちのあなたに 私の持っている知識と、
簡単に子どもの視力を回復させる方法を、伝えることはできないか?

そうすれば、わざわざ 県外から高速で 片道2時間、交通費を7000円もかけて
来店される必要もなくなるのではないか・・・。

また、メール や ブログ にも
「 近くに アイ・トレーニング が なくて残念です・・・ 」
という方たちの悩みを 解決することができる。

A子さんと 同じようなケースを 何度も見ていくうちに、
そう思うようになっていたのです。

そして、私の持っている知識や トレーニング法の中から、
素人の方でも お金を一切かけずに、たった2ヶ月で劇的に視力アップでき、
しかも、その 視力を維持することができる方法をいくつかピックアップ。

それを、完全プログラム化することが できたのです…。【続きを読む】

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~完全版~

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/693-14acb971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。