ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 21世紀版!フードデトックスのススメ 』

今日から “安全” で “安心” な食事のためにできること …

「 冷 凍食品がこわくてもう買えない 」

「 あまり気にしていなかったけど、産地をチェックするようになった 」

「 パッケージの原材料を確認するクセがついた 」

「 少し高くても “いいモノ” を選ぶようになった 」

このところの “食の問題” で、食の安全・安心に対する意識は
どんどん高まっています。

今までそれほど深刻に受け止めていなかった人までもが、
「 まずいのでは… 」 と感じるようになりました。

それほど 「 食への不信 」 が高まり、危機感を覚えているということです。

そんな多くの人を魅了するのが、

「 天然 」
「 オーガニック 」
「 無添加 」
「 保存料不使用 」
「 特別栽培 」

という枕詞の食品です。

あなたにもこうした食品の購入経験はあるでしょう。
そして、定期的にそうした専門ショップを利用されているのではないでしょうか。

更に、ネットショップを利用すれば、全国どこに住んでいてもこうした食品の入手が
可能な世の中になったことが人気に拍車をかけています。

でも、 当然ですがこうした食品は例外なく割高です。

安全性に最大限の労力を注ぎ、手間ひまをかけ、丁寧につくられる食品ですので、
これは仕方がないことでしょう。

私たち消費者は、そうして作り上げられた “安全・安心” をお金で買っている
ということです。

もちろん、こうした安心の食品を買い続けることができるのが理想です。

でも、なかなかそうもいかない… というのが現実ではないでしょうか。

  ❒ 割高食品の購入で、エンゲル係数だけが突出して高くて困っている
  ❒ 食費にかけた分、お小遣いが少なくなるのが悲しい
  ❒ 減農薬、無農薬、無添加 などは、本当にその基準を満たした品質
    なのかが不安
  ❒ アトピーやアレルギー症状を改善したい
  ❒ “ 安全食 ” のために自分で何かできることがあれば、取り入れたい
  ❒ なるべくコストをかけず “ 安心食材 ” を手に入れたい
  ❒ 体の内側からきれいになり健康でいたい
  ❒ 日常的に 「 安心の食材 」 が購入できるショップが近くに無い

もしも、あなたやあなたのご家庭がこのような状況なら、こうした問題を解決する
『 フードデトックス 』 という方法をあなたにお届けいたします。

こんにちは。  
食とライフダイエット アドバイザー みつはた香緒と申します。

「 健全な魂は健全な体に宿る 」

これは、ココロとカラダはお互いに影響し合っているという諺 (ことわざ) ですが、
私はずっと前から、この諺には「 “食” が加わってはじめて成立する 」 と
感じていました。 

つまり、

健全な “食”こそが、健全な魂を作り、それが健全な体に宿る …

ということです。

私自身、赤ちゃんの頃 “ アレルギー体質 ” と診断され、食べるものには
いつも多くの制限がある中で育ちました。

魚、肉、卵はもちろん、乳製品、かつをだしを使ったお味噌汁までNG…

そんな環境が私の食に対する意識を育て、いつの間にか 「 安心・安全 」 が
食選びの基準になりました。

私たちの体は毎日の 「 食 」 で作られています。 
これが、心と体に影響を与えないはずはありません。  

だからこそ、「 食 」 は、安心で安全なものでなくてはならないと強く思うのです。

見えない体の中の闇 “汚れ洗浄” 対策 - 岩盤浴、エステ、
リンパマッサージ。 あなたが一生続けられるものは・・・


『 デトックス 』

体内の “毒出し” をして、「 体の中からきれいになろう 」という健康法は、
今とても注目を浴びています。

私たちは日々の生活の中で、水、大気、食べ物、生活用品などのあらゆるところから、
“ 有害 ” といわれる化学物質や金属を取り込んでいます。

残念ながらこうした “ 有害物質 ” は、100%確実に排泄されるわけではありません。 

それが少しずつ蓄積されていけば、その量がある
一定量に達した時、代謝機能や免疫機能に問題が
生じはじめます。

その症状は人により様々です。 

頭痛、腹痛といった身体的なものから、やる気が起きない、なんとなく不調… という
ような気力の問題にまで悪い影響を及ぼします。

先に挙げた “ アトピー ” や “ アレルギー ” にしても、つきつめて行くと免疫機能の
問題に行き着きます。

これは、“ 有害物質 ” が臓器や毛髪にだけ蓄積するからではありません。

私たちの体の全てをコントロールする “ 脳 ” にも影響を与えているという
何よりの証拠なのです。


“ 脳 ” の指示なしに完璧な 「 免疫 」 や 「 代謝 」 機能は果たせません。 ところが、
脳に蓄積した “ 有害物質 ” がその微妙で繊細な機能を邪魔するのです。

そこで、 「 じゃあ体の中からきれいにしよう! 」 とデトックス ( =毒出し、解毒 ) という
方法が急に注目されるようになったというわけです。

 ・  ゲルマニウム温浴
 ・  リンパマッサージ
 ・  岩盤浴
 ・  エステ
 ・  腸内洗浄
 ・  サプリメント
 ・  ヨガ
 ・  体内を浄化するといわれる食品群

あなたもいくつか経験されたのではないでしょうか?

デトックスは、アンチエイジングや体を健康に保つため “ 必須アイテム ” になりつつ
あり、お金や時間をかける人はどんどん増えています。

でも、石油から作られている多くの有害物質は、水には溶けません。 これは、その
物質が 「 汗や尿として排出される 」 が期待できないことを意味します。

それでも、発汗を促す施設や器具、方法はクローズアップされ続けています。

そしていろいろな事を試すうち、

 いちいちお金がかってしまう...
 まとまった時間が必要だし...
 機器のある施設まで通わなくちゃいけない...
 いつも出来るわけじゃないし...

という理由で結局長く続けられなくなり、効果があるのか無いのかもいまひとつわから
ない….

という声も実はやっぱり多いのです。

でも …

  そもそも体内に入る “毒” が少なければ、こんなデトックスにお金や
  時間をかける必要はない…  と思うのは私だけでしょうか?

  添加物や農薬の多い食べ物を口にしながら、デトックスに高いお金を
  かけるということに、何か矛盾があるような…  と感じるのは私だけ
  でしょうか?

“ 何かを摂れば体がキレイになる ” にひそむ 「 片手落ち 」
という悲しい落し穴 ・・・


ちょっと発想を変えてみる、というのはどうでしょう?

    「 入ったものを出す ( = 毒出し) 」 のではなく、
                   「 入る前に “毒” を食い止める 」


のです。

デトックス効果を謳う特定の食品やサプリメントもまわりには溢れています。

そうしたモノの「 効果がゼロ 」、とは言いません。

でも、少し知識のある人なら、何かを摂り入れたからといって体内の “毒” がきれい
さっぱり排出されるほど、ヒトの体は単純にできていないこと位、すぐにわかることです。

それに、サプリメントには品質にあやしい物も多く、後になってから人体に有害な事が
判明し、販売が禁止になる例は珍しいことではありません。

デトックス効果を謳う食べ物に至っては、それ自体に農薬や添加物が使用されていれば
無意味どころか、逆に “毒” を摂り込むことにもなるのです。

一方、 「 口に入れるもの 」 以外で化学物質の吸収を減らすには、例えば、

 ・ 消臭スプレーの利用を最低限に抑える、
 ・ アロマ精油を純度の高い質の良いものに変える、
 ・ 無香料の化粧品に変える …

など比較的簡単に対策をとることが可能です。 

それに、こうしたものはあれば便利ですが、“ 無くても生命には関らない ” というものも
多いはずです。

いざとなれば、すっぱりと使用を止めることができるものばかりです。

ところが、食品の場合はそうはいきません。

人は 「 食べること 」 抜きに生きていくことはできないからです。

こんな大切な 「 “ 食 ” 自身の解毒 」 こそが、本当の意味での “デトックス”
になると考える理由はここにあります。

つまり、食材・食品からの添加物、農薬といったあらゆる “毒” を出来る限り排除し、
口に入れる前にシャットアウトするという考えが一番ベースであるべきなのです。

湿疹のせい、かゆみのせい、と言い続ける “ 腫れ物扱い ” の私と家族の間の亀裂は
深まるばかり…


自分自身 「 アレルギー体質 」 には随分苦しみました。 

1年中365日、常に体のどこかにある湿疹とかゆみで悩まされた年もありました。 
授業を早退し、毎週のように体質改善のための治療を受け続けた年もありました。

・ かゆみで勉強に集中できない
・ 夜も寝られず睡眠不足でイライラする
・ アレルギーのせいで部活動にも参加できない
・ 湿疹のせいで、人前では夏でも長袖でなければならない苦痛
・ 原因もわからず突然発疹するストレスと恐怖
・ 地図状に広がる赤く盛り上がった発疹で埋めつくされる皮膚の気持ち悪さ …

家族はもちろんですが、親戚の中にも誰一人として “ アレルギー ” “ アトピー ” を
持つ者はいませんでした。

そんな背景もあって、あらゆる “ やり場の無い怒り ” のはけ口はすべて家族に向け
られました。

         「 どうして自分だけがこんな体なの! 」 

         「 どうしてどの病院でも原因がわからないの! 」

         「 もう無駄な検査や治療なんか続けたくない! 」

こうして私は “ 自分だけが一身に悲劇を受けた犠牲者 ” なのだと訴え、長い間家族を
責め続けました。

私自身の苦しみが大きければ大きいほど、家族までもがする辛い思い…

後になってこの時の私を 「 腫れ物にさわるようだった 」 と言った母親の言葉には、
当時の私が集約されています。

だから、私のアレルギーは私だけの問題ではありませんでした。

文字通り “ 家族の闘い ” でもあったのです。

でも、私が子供の頃は情報量も少なく、インターネットなどもありませんでしたので、
唯一の情報源は本かお医者様です。

アレルギーというものは、どうやら “口にするもの” と深く関わりがあるらしい…

いろいろな病院を訪ね、様々な本を読んだ結果、アレルギーは 「 口から体内に入る
もの 」 によって起こるケースがとても多いということを知りました。

「 食 」 は体に直結するものなんだ…

小さい頃からそれを体感していた私は、「食」 は口に入れて安心で安全なもので
なければ… と、ごく自然に思うようになっていたのです。

「 自分にできることは何だろう 」 という小さな一歩は、私の
毎日に最高のプレゼントを届けてくれました。


ただ、「 食の安全 」 といっても私にできることは限られています。

無農薬食品を選ぶ、添加物の少ないものを選ぶ、野菜をきれいに洗うなど一般的な
ことだけです。

でも、そんな小さな積み重ねがあれほど酷かったアレルギーを改善に導きました。 
今では あの “ 真っ赤な地図状の湿疹 ” に悩まされることもほとんど無くなったのです。
それどころか、誰からも 「 肌がきれいね! 」 とほめられるほどです。

病気が改善した上に、ほめられる …

以前の私にはまったく考えられないことでした。  “ 気持ちの悪い湿疹 ”  “ 眠れない
ほどのかゆみ ” という うっとおしさは、精神を負のモードにするに充分な作用を
持っています。

このうっとおしさは、私にとって凶器でした。

そんな心身の苦痛から開放された普通の日々は、私にとって何よりの素晴らしいギフトだと、
今、心からそう感じています。

かつてアトピーの子供を持つ友人からも 「 どんなことをするのか、コツがあったら
教えてほしい 」 と聞かれて、私が実践している内容を伝えたこともありました。

「 … 私、主婦を10年近くもしているけど、まったく知らなかった 」
「 食べ物ってそういう風に考えるんだ… 」

驚かれたり、もっと教えてほしいと言われたことも1度や2度ではありませんでした。

“ もしかして知られているようで、案外知らない…?”

“ お金もかからず、こんなに簡単にできる方法で自分も含め、子供や家族の健康の
ためになるのに…? ”


こんな小さな出来事の積み重ねが、この 『 フードデトックス 』 の公開の経緯にはあり、
そしてその原動力になりました。

体に 「 解毒力 」 をつけること・・・
これこそがあなたが目指すべき 『 デトックス 』 !


この 『 フードデトックス 』 が喜ばれる理由は、

   理由1  子供にも実践できるほど簡単 

   理由2  どこの家庭にもあるモノを利用するため、特別なコストが
          かからない 

   理由3  実践するために必要な “特殊な器具やスキル” は不要

というシンプルなところにあります。

もちろん、丁寧に行おうとすればその分時間や労力は余計にかかりますが、それだけ
安全度は高まります。 慣れてしまえばもう 「 こうすることが当然 」 のような感覚に
なってくるのも不思議なところです。

それに、この作業自体が 「 “安心で安全な食” に変化させている 」 という安心感から、
「 なんだか、やめられない! 」 と思えるかもしれません。

更に実践を続けることで、あなた自身の 「 食 」 に対する視点に変化も生まれます。 

そんな 『 フードデトックス 』 の一部を紹介すると…
【続きを読む】

『 21世紀版!フードデトックスのススメ 』

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/673-d2c932ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。