ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千秋ふみ式 ハッピー・ホルモンダイエット(アロマオイルなし)

logo1-H1.gif

体の構造が違えばダイエット法も違ってきて当たり前なはずです。
ところが、従来のダイエット法の多くは、
男女の体の違いを無視した男女共用というべきものでした。

例えば、ダイエット商品の広告によくある
「夫婦で一緒に頑張っています」。
家の中にダイエットプログラムを書いた紙を貼り付け、
そのプログラムに従って、夫婦で一緒に運動したり同じメニューで
食事制限したり・・・

あるいは、太った男女を集めて合宿形式で朝から晩まで激しい運動をさせ、
食事はカロリーの低いものをほんのわずかしか食べさせない・・・

こんな男女共用のダイエットを行った場合、
女性の方が圧倒的に体に負担が掛かるのは目に見えています。

男性になくて女性にあるもの、それは生理です。
女性は生理をはさんだ1ヶ月の周期で、女性ホルモンの分泌が微妙に変化し、
それに伴って体と心の状態も変化します。
その微妙な変化に応じてダイエット法も変えていく必要があるのです。

生理のない男性は「一本調子」のダイエットをやればよいのですが、
女性はそうはいきません。
女性が男性のペースに合わせて、
生理とその前後の期間をはさんだ体と心の微妙な変化を無視して
「一本調子」のダイエットをやれば、どうしても体に負担をかけ、
その結果女性ホルモンのバランスを崩してしまうことになります。

女性ホルモンのバランスが崩れると「何をしても、
何を食べても太ってしまう」状態になります。
逆に、女性ホルモンの状態を正常に保つことで、
体に無理な負担をかけず自然に痩せていくのです。

女性には男性と違った体のサイクルがありますが、
そのサイクルを活かすことで男性よりダイエットしやすいのです

つまり、

女性の方が男性より痩せやすいのです!

そう聞くと、嬉しくなりませんか??

はじめまして、千秋ふみです。

私も肥満に悩んでいた一人です。
中学生の頃、私は体調を崩して薬を飲む生活を送っていました。
薬を飲むようになってから顔がパンパンにむくんで、
あっという間に体重が増加してしまったのです。

お医者様には
「薬の副作用で女性ホルモンのバランスが崩れている」と言われました。
そして、体調を回復し薬を飲まなくてもよくなってから、
女性ホルモンのバランスが少しずつ戻って、自然と痩せていきました。

女性ホルモンのバランスが崩れると何を食べても太る。
逆に、女性ホルモンのバランスが整っていると自然に痩せる。
このことを身にしみて自己体験したのです。

この自己体験が契機となって、
私は女性の肥満と女性ホルモンの関係について興味を持つようになります。
女性ホルモンのバランスを整えるには具体的にどのような方法があるのか、
様々な資料を読み漁り、
自分の体をモニターに女性ホルモンのバランスを整える方法を
実践するようになります。

その後、鍼灸の専門学校に入学して東洋医学を勉強し、
針師免許国家資格、灸師免許国家資格、
あんまマッサージ指圧免許国家資格を取得しました。
専門学校を卒業すると、都内にマッサージサロンを開業しました。

サロンには様々な体の悩みを持った方がお出でになりますが、
その中には肥満に悩む方も大勢いらっしゃいます。
それも初めてダイエットをされる方よりも、
ダイエットを始めたが痩せずに挫折した方、
あるいは、
ダイエットを始めてある程度は痩せたものの、
その後のリバウンドに苦しんでいる方が多いのです。

なぜ、ダイエットに挫折するのか?

なぜ、リバウンドするのか?


その理由は、極端な食事制限に代表される、
体に負担が掛かりすぎる無理なダイエット法ゆえに長続きしないからです。
極端な食事制限を一生続けることはできません。
続ければ体を壊すか、下手をすれば死んでしまうでしょう。

多くのダイエット法は「1ヶ月に○kgも痩せました」という
うたい文句に代表されるように、一時的に急激に痩せることしか考えていません。
「体に優しいダイエット」という発想がないのです。

では、体に優しいダイエット法とはどのようなものなのでしょうか?
それは、一言でいえば「対処療法」ではなく、
原因療法」に基づくダイエット法といえます。

私のサロンでは男女別のダイエットプログラムに基づいて
施術をさせていただいていますが、
女性について言えば、女性ホルモンのバランスを正常に保つことを
第一義におきます。
具体的には

サロンで行うマッサージ、
自宅でできるセルフマッサージ、
食事、運動、精神療法ともいうべきマインドセット

などです。

これは、私が学んだ東洋医学の「原因療法」に基づく考え方です。
原因療法とは症状や疾患の真の原因となっているものを
直したり取り除いたりする方法で、対処療法と対置される考え方です。

ダイエットで言えば、太っている女性に
カロリーの低い食事を取るように指導するのが「対処療法」に基づく療法です。
従来の多くのダイエット法はこの「対処療法」に基づくものがほとんどです。

「原因療法」に基づくダイエット法は、太った原因になっているものを取り除きます。

女性の場合、女性ホルモンのバランスを崩している原因を取り除き、
女性ホルモンが正常に働く体質作りを目指します。
私のサロンで行っているダイエットプログラムの目的は、
女性ホルモンが正常に分泌されるような体質作りです。
したがって、長続きしない無理なプログラムは組んでいません。
一般の女性」がライフスタイルを激変させなければ痩せないような方法は
取っていないのです。
ライフスタイルを少し「変える」というよりも「見直す」ことによって、
自然に美しく無理なくリバウンドなしに痩せていく、女性の体に優しい
ダイエット法なのです。

logo7-H.gif

logo8.gif

ダイエット中の人を見ていると、
マインドがおかしな方向に行ってしまっている人が多いです。

それは、一言で言えば「ギンギンのダイエットモード」というやつです。

新興宗教じみたカルト的なダイエットのコミュニティなどに入ると、
「A子さんは1ヶ月に5kgも痩せた。
それに引き換え私はまだ1kgしか痩せていない。頑張らなくちゃ」
というような心理状態に追い込まれます。

集団的興奮状態の中で自分以外をダイエットのライバルと仮想し、
そのライバルに勝つことが減量の目的を達成するための
モチベーションになってしまっているのです。

頑張って痩せなければいけないというプレッシャーを自らに与えることで、
自分を追い込んでしまっているのです。

あるいは、食事についても妙な呪縛に囚われた人たちがいます。

今日一日、少しの量しか食べなかったことに「達成感」を感じる。
食べない自分を褒めてあげたい。
会社に持っていくお弁当はおかずだけ。
ご飯を食べている人を見るとバカみたいに見えてくる。

このように自分で自分を追い込んで精神的ストレスを与えることは、
女性ホルモンのバランスを自ら崩してしまう自殺行為なのです。

logo9.gif

紙と鉛筆をご用意ください。
「あること」を紙に書いていただきます。
これを書くことで簡単に女性ホルモンの働きを正常にするためのマインドセットが
出来ます。
「あること」と言っても宗教的なオマジナイを書くわけではありません。
まして、計算問題を解いて脳に汗をかけというわけでもありません。
それを書くことで気分が豊かになり、
脳のある部分が刺激されて体の中の女性ホルモンは最高の分泌が
行われるようになる方法です。

logo10.gif

「運動しなくても痩せる」といううたい文句のダイエット本があります。
この言葉には、太った人は運動することが嫌いだと決め付けて
バカにしているようなニュアンスがあります。
中を読んでみると、
運動しないからこそ痩せる」と書いてあります。
さらによく読んでみると
運動してはいけません」と書いてあります。

はぁっ!?

運動が好きでフィットネスに通っている人は、そこをやめろとでもいうのでしょうか?

この方法は運動しないことでエネルギー消費量を減らし、
さらに極端な食事制限と組み合わせて減量するという方法です。
運動するとエネルギー消費量が増えるので、運動してはいけないというわけです。
栄養失調状態にして、エネルギー消費量を減らせば確かに痩せます。
「運動しなくてもいい」という言葉には本来「運動してもいい」という意味が含まれます。
決して、「運動してはいけない」とはイコールではないのです。
よほど体を動かすことの嫌いな人ならいざ知らず、
普通の人なら体を動かさずにじっとしていることは苦痛なはずです。
それとも、極端な食事制限で栄養失調状態になっているから、
運動する体力も気力もないとでも言うのでしょうか?

「千秋ふみ式」では運動をやっていただきます。
もちろん、ヘトヘトになるような激しい運動ではありません。
「体を動かす」程度の運動です。
しかし、体を動かす目的が従来のダイエット法とは違います。
体を動かす目的、それは女性ホルモンのバランスを正常に整えることです。

logo11.gif

1つ目の方法は、
どんなに運動が苦手の人でも、どんなに体の弱い人でも、どんなに横着な人でも、
寝る前の5分もあればできる女性ホルモンのバランスを整える方法です。
こんなに拍子抜けするほど簡単で体力の消耗もほとんどない方法で、
しかもわずかな時間で女性ホルモンのバランスが整うのかと意外に思うことでしょう。

2つ目の方法は、
やや応用編とも言うべき方法で、コンビニやスーパーに売っている
安価な「あるもの」を廃物利用して体を動かすことで、
女性ホルモンのバランスが整い、ダイエットに効果的な方法です。
この方法も1つ目の方法と同じく、寝るだけのスペースがあればできる方法です。

logo12_20090508094748.gif

もしあなたが「有酸素運動=激しい運動」というイメージを持っていたら、
今すぐ捨ててください。
このE-BOOKでご紹介する有酸素運動は
日常的に体を動かすことの延長にある程度の運動量です。
ダイエットで運動というとカロリー消費が目的と思っている人が多いかと思います。
確かに運動によってカロリーは消費されます。
しかし、本書に書かれた運動の目的はカロリー消費ではなく、
まったく別のところにあります。
また、その運動をすることによって得られるある種の心理的な作用が
女性ホルモンの状態を最高の状態にするのに役に立つのです。

logo13.gif

「ダイエット食=我慢食」のイメージが強いですよね。
毎日同じようなメニュー。
調味料を極端に制限した不自然な味付け。
炭水化物は一切摂取禁止のため、満腹感が得られない隔靴掻痒状態。
あれも食べちゃダメ、これも食べちゃダメで、慢性フラストレーション状態。

こんなペットのエサ以下の非人間的な食生活にあなたは耐えられますか?
一時的には耐えられても一生こんな食生活を送ることができますか?

logo14.gif

極端な食事制限によって栄養不足の状態を人為的に作り、
短期間に急激に体重を減らすことは
健康のために百害あって一利なしである上に女性ホルモンのバランスを崩し、
さらにはリバウンドの原因にもなります。
逆に言えば、栄養のバランスを考えた食生活を送れば、
自然に少しずつ体重が減り、リバウンドしない体の仕組みが出来上がってきます。
ダイエット食の極意を一言で言えば、
ダイエットに効果的な食材を吟味し、栄養のバランスを崩さないことです。
そのための具体的なレシピを11種類用意しました。
私が経営するサロンの栄養士と共同で開発したレシピですので、
栄養のバランスという点では完璧なものになっています。
カロリーの低いものを単品で食べ続けるとか、
あるいは「置き換え式」といわれる方法は一切使っていません。
長続きのしない、まずい「エサ」のような「我慢食」とはもうオサラバです。

logo15-H.gif

炭水化物の摂りすぎは、確かに太る原因になります。
逆に炭水化物を一切摂らなければ栄養のバランスを崩します。
ではどうすればよいのでしょうか?
答えは簡単です。
炭水化物を摂りながら痩せるのです。
はぁ? 炭水化物を控えめに摂るとか?
それもひとつの方法ですが、もっと有効な方法があります。
「善玉炭水化物」を摂るのです。
炭水化物を含んだ食物の中には、
「ダイエットの味方」というべき「善玉炭水化物」があります。
この食材は調理する際に「あること」に注意することで
善玉炭水化物としての資質が最大限に発揮されます。
仕事が多忙で自宅で食事を作る時間がなく、
どうしても外食に頼らざるを得ない働く女性でも、
この食材を使った料理を出す外食店は比較的多くあるので安心です。
昼休みのオフィス街、ある種の外食店にOLたちが行列を作る光景が
今から目に浮かぶようです。

logo16_20090508094638.gif

お米といえば炭水化物を含んだ代表的な食品です。
それだけに「ダイエットの敵」みたいに言われ忌み嫌われているのも確かです。
しかし、日本人であるあなたが、生まれたときから食べ親しんできたお米を
今すぐやめるのはかなりの苦痛に違いありません。
ご飯にもいろいろな種類がありますが、
その種類によって含まれる栄養素は微妙に違っています。
実は、数あるご飯の中で「善玉米」とも言うべきダイエットに最適なご飯があるのです。
しかも調理に少し工夫することで、
つまりご飯を使ったあるレシピにこれを利用することで、
その食材がもっている特長が引き出され、
ものすごく食感がよく美味しい食事が出来上がるのです。

logo17.gif

十把ひとからげにして「甘いもの」といいますが、砂糖をそのまま食べる人はいません。
糖分が多く含まれた食物を「甘いもの」と呼んでいるわけですが、
重要なのはその食物に糖分以外のどんな栄養素が含まれているかです。
実は甘いものの中に「善玉甘味」といってよい食品があります。
その食品に含まれている糖分以外の「あるもの」がダイエットにものすごく効果的なのです。
食べる量ですが、ニキビができるほど大量に食べる必要はありません。
ほんの一口か二口で十分です。
ただし、その「摂り方」だけは守ってください。
「摂り方」を間違うとせっかくの善玉甘味の効果がなくなりますので。

logo18.gif

この「あるもの」は多くの種類があり、その種類によって効能も違います。
それゆえ、
たくさんありすぎて効能が分からない。
具体的にどのように使えばいいのか分からない。
などのイメージがあります。
本書では、その種類と効能をわかりやすく分類しました。
また、お料理に使うことで、人によっては違和感を感じる味がマイルドになり
食材の隠れた味を引き出すことが出来ます。
これによって、「あるもの」に対して抱いていたネガティブなイメージが
「食わず嫌い」であったことに気付くはずです。
さらに「あるもの」に対してもとより違和感のない人には、
お料理以前のもっと直接的な方法で体に吸収する方法も解説してあります。

だれもが当たり前のように入るお風呂ですが
日本人は世界でも有数のお風呂好きの国民として知られています。
最近の若い女性の中にはシャワーで体を洗うだけで済ませてしまう人もいるようですが、
ダイエットするならぜひ湯船にお湯を溜めてお風呂に入っていただきたいのですが。

logo19.gif

生理がある女性の体調と心の状態は男性に比べてはるかに複雑です。
お風呂に入るときも、体調があまり良くないときは短時間でサッと入りたいと思うでしょう。
逆にじっくりお風呂に入りたいときもあるでしょう。
女性は、そのときの気分や体調によって入浴法を使い分けることで、
女性ホルモンの働きを常に最高な状態に保つことが可能です。
そのための具体的な入浴法を5通り、イラスト入りで分かりやすく解説しています。

logo20.gif

浴室に本を持ち込んで読んでいただくとか、
紙と筆記用具を持ち込んで書き物をしていただくわけではありません。
浴室に持ち込むのですから、濡れたら困るようなものではありません。
電気を使う器具のように危険なものでもありません。
お風呂のお湯と非常に相性のいいものです。

「企業秘密」を公表することに迷いがなかったといえば嘘になりまます。

私が長年マッサージ師として、ダイエットに悩む多くの方に施術してきた、
女性ホルモンの働きを整えダイエットに有効なマッサージの方法を
全て公開することにしました。
「企業秘密」なだけに、かなり迷い悩みましたが、
少しでも多くの女性を救いたいという気持ちの方がはるかに勝ったのです。

logo22.gif

人間の体にはたくさんのツボがありますが、
女性ホルモンの働きを正常に整えてくれるいわゆる「婦人科」のツボがあることは
あまり知られていません。
それらのツボのうち、一人でできるマッサージのツボを
イラスト入りでわかりやすく解説しています。
この一人でできるマッサージ法は、
私のサロンに来店されるお客様にお伝えし、実績を上げているマッサージ法そのものです。
どれも一人で短時間でマッサージできる方法です。
寝る前の少しの時間をマッサージの時間に当ててもよいでしょう。
ツボの場所によっては、仕事の休憩時間を使ってマッサージできますので、
どんなに多忙な働く女性でも時間がなくてできないということはないはずです。

logo23.gif

ご主人でも、彼氏でも、親御さんでも、お子さんでも構いません。
マッサージをやってくれる相手を探してください。
一人暮らしの方でも、お友達に声をかければ必ず相手は見つかるはずです。
ここに紹介するマッサージ法は私がサロンでお客様に施術し、
実績を上げている方法そのものです。
いわば「企業秘密」そのものといっても過言ではありません。
といっても、特に難しい方法ではありません。
イラスト入りで分かりやすく解説しています。
前述の一人で出きるマッサージ法と組み合わせれば、
かなりの効果が期待できることは言うまでもありません。

clip_image002a.jpg

logo24.gif

優しいアロマの香りが好きな女性は大勢いらっしゃるかと思います。
アロマには女性ホルモンの働きを正常に整える機能があります。
しかし、種類が多すぎてどのアロマをどのようなときに使っていいのか
分からない方も多いかと思います。
アロマはその種類によってそれぞれ効能が違いますから、
効能に応じた正しい使い方をすることが重要です。
これを間違えるとかえって逆効果になることもあり得ます。
本書ではそのときの体調や精神状態を9通りに分類し、
それぞれの場合に最適なアロマとその使い方について解説しています。

以上述べたことは、このマニュアルのほんの一部の「さわり」です。
本文は107ページにわたる内容で、
イラストや図表、写真を使ってとてもわかりやすく書かれています。

このマニュアルに書かれていることは、
短期間に急激に痩せてリバウンドするような内容ではなく、
女性の体と心に優しいダイエット法です。

しかし、初めてダイエットする人も、ダイエットに失敗しリベンジを誓う人も、
悩んだり迷ったりすることは必ずあると思います。
そこで、次の特典をお付けしました。【続きを読む】

千秋ふみ式 ハッピー・ホルモンダイエット(アロマオイルなし)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/584-4bf19410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日の食事朝:食パン2枚、マーガリン、コーヒー サプリメント(プロテイン、トリプルX)昼:のり弁当夜:菓子パン2個 サプリメント(プロテイン、トリプルX)体重79.1kgダイエットダイエット・・・ 口では簡単だけど、これほど難しいものはありません。だか
2009/05/08(金) 14:06:38 | 恋愛+アムウェイ+ダイエット!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。