ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性に良く効く 10日で治す水虫撃退法

はじめに

もしあなたが今、水虫に悩んでいて市販薬ではなかなか治らなくて困っているとしたら、
この資料はとても有益で強力なパートナーとなるでしょう。

この資料に書かれている方法でも治らない水虫があったら、それは後ほど説明する
「不幸な1%」の中にあなたが入っていて、残念ながら完治が困難なタイプの罹患者で
あることを意味しています(もちろん病院に行けばそれなりの治療は可能だと思います)。
既にご自身の水虫がそのタイプのものであることを確信していたとしたら、この資料を
読んで頂く必要はありません。

1. この資料の特徴

この資料を書き始めるきっかけとなったのは、私自身を含めて数多くの友人や知人が
驚異的な回復を経験したある水虫治療の方法をいちいち口で説明するのが面倒に
なって書き始めた「10日で治す水虫撃退法」という名前の小冊子です。

具体的な方法はその小冊子で説明するだけで十分なのですが、
「何故医者にかかっても治らない場合があるのか」
「何故飲み薬はやめた方が良いのか」
「必ず再発するとはどういうことか」
「何故強い水虫薬だけでは治らないのか」
といった質問をたびたび受けたので、それらも含めて1冊の資料にしてしまおうと
思い立ちました。

 この資料で紹介する「10日で治す水虫撃退法」の特徴は以下のとおりです。

・ この方法は近年皮膚科医が注目している「ラップ療法」に良く似ています。
・ 全く同じ具体的な方法は文献、ネット等どこにも公開されていません(2007年9月現在)。
・ ここで用いられる材料は全てお薬屋さんで誰でも購入できるものです。
・ 材料の購入に必要な費用は3,500円程度です(希望の方には発送もします)。
・ 1回の処置に必要な時間は10分程度です。
・ 処置間隔は2~3日です。処置と処置の間は何もする必要はありません。
・ 処置を始めてから2~3日で最初の成果が現れます。
・ 3回繰り返すことでほぼ処置が終わります
 (軽度の水虫は2回、重度の水虫は4回以上繰り返す必要があるかも知れません)。
・ 日常生活に支障をきたすような問題(ニオイ、外見上の問題、皮膚の落屑等)はありません。

上記のような特徴があるので、女性の方にも抵抗なく実行して頂けます。もちろん男性でも
大丈夫です。

またラップ療法に似ていると言っても足にラップを巻いたりビニール袋をかぶせたりする
ようなことはしません。そのような処置を行うと嫌気性菌の異常繁殖を招くなど取り返しの
つかないことになりかねませんので絶対行わないでください。

2. この資料はこんな方を対象にしています

 現在、皮膚科医に診てもらえば水虫は必ず治ると言われています
 (私は治りませんでしたが)。

事の真偽はともかくとして、そのための時間、お金、恥ずかしいとかの気持ち等々に何の
問題もない方は水虫になるたびに皮膚科に行かれるのもひとつの方法でしょう。

しかし私も含めて大方の場合は、水虫のために通院する時間がない、通院が面倒、
お金がもったいない、本当に治るかどうか不安、恥ずかしいなどの感情を何かしら
持っているものです。

水虫は余程の生活環境の変化がなければ再発を繰り返します。そのたびに物心両面で
負担を強いられるのであれば、ここで紹介する方法を試してみるのはとても価値の
あることです。

また本資料に含まれる以下の情報はあなたが今後水虫に対処する際に非常に
役に立つでしょう。
繰り返しますが水虫は再発します。
この水虫撃退法と以下の知識を手に入れておけば、今後一生涯、水虫になるたびに
皮膚科に行くなどという非効率な生活を送る必要はなくなるのです。

特に女性の方は「何とかガマンしてしまう」というあまり水虫対策には好ましくない性格が
顕著です。この情報を手に入れて、いつでも気軽にご自分で水虫の処置が出来るように
備えておくことをお勧めします。

3. この資料はこんな内容を含んでいます

この資料は今、水虫で悩んでいる方にとって最も必要な情報から優先的に
記述してあります。

 第1章では、この資料の概要を紹介しています。

 第2章はこの資料の核となる「10日で治す水虫撃退法」です。

 第3章には現在市販されている外用薬がほぼ網羅されています。あなたが使っている
 水虫薬も見つかる筈です。何種類かの水虫薬を試していて、それでも治らないと悩んで
 いたとしたら、この章でその理由がわかるかも知れません。

 第3章 「外用薬の知識」の内容
(1) 外用薬の特徴
(2) 有効成分とその他の成分
(3) 医療用医薬品と市販薬
(4) 外用薬の有効成分
(5) 市販薬のメーカーと種類

 第4章には水虫についての一般的な情報がまとめてあります。知っているようで知ら
 なかったことが系統立って説明されています。
 最近の水虫薬を使った臨床試験では、水虫の再発率はせいぜい50%程度と言われて
 いますが実際はほぼ間違いなく再発する理由も判るでしょう。

 第4章 「水虫の知識」の内容
(1) 水虫とは何か
(2) 水虫の症状
(3) 水虫の種類
(4) 水虫以外の足の皮膚疾患
(5) 水虫の感染経路
(6) 水虫の再発原因(なぜ再発するのか)
(7) 水虫の予防法

 「今の水虫をスグに早く治したいだけなんです」という方は第2章だけを読んでいた
 だければ結構です。でも長い人生です。今後の再発の可能性も考えて第4章までは
 是非お読みください。

 第5章には皮膚科についての知識をまとめてあります。個人的には水虫の治療のために
 皮膚科に通うのは、余程の重症でない限り賛成出来ませんが、やむを得ず病院に通う
 場合にはとても役に立つ情報です。

 第5章 「皮膚科の知識」の内容
(1) こんな医者はやめておけ(皮膚科医のチェック項目)
(2) 当たりの病院に出会う方法
(3) ラップ療法に見る問題点
(4) 皮膚科医の水虫診断(誤診はこうして起こる)
(5) なぜ使いたがる内服薬
(6) 病院に行きたくないこれだけの理由
(7) 病院に行くならこれだけは守ろう

 第6章は参考までに現在皮膚科で処方される主な内服薬についてまとめました。

 第6章 「内服薬の知識」の内容
(1) 内服薬の特徴
(2) 内服薬の使い方
(3) 内服薬の種類

 第7章には数々の民間療法を含む、抗真菌剤以外での治療方法が示されています。
 おおかたの民間療法は網羅されていますが、あまりにマイナーで効果が期待できそうも
 ない方法は除外しました。それぞれの長所、短所が判るようになっています。

 第7章 「抗真菌剤以外の治療方法」の内容
(1) 市販の薬剤等
(2) 民間療法の特徴と問題点
(3) 各々の民間療法の紹介
(4) 危険行為(やってはいけない!)

 第8章は返金保証についてです(この紹介文の末尾にも同様の記載があります)。

 第8章 「返金保証」の内容
(1) 返金に必要な条件
(2) 返金の方法

 この資料は単なる水虫治療の体験談とは違います。第2章で紹介する方法がメイン
 ですが、第3章以降をご覧になれば市販薬の選び方、民間療法の使い方、最終手段
 としての皮膚科とのつきあい方など水虫治療に必要な殆どの情報を手に入れることが
 出来るようになっています。

またこの資料はいずれの薬局、病院、製薬会社からの影響も受けていません。これらの
組織から出される情報はしばしば功利的で本当に知りたい情報が見えなくなってしまう
場合があります。本資料は文献資料をはじめ各種の情報源を参照して可能な限り
公平に記載されています。唯一私が肩を持つものがあるとすれば、それは水虫で困って
いるあなたです。【ご購入はこちらから】

女性に良く効く 10日で治す水虫撃退法

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/536-d05f6844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。