ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康バイブル 腰痛編

Head1.gif

実は、腰痛でお悩みの方の70:30の割合で、ほとんどの方は自然に任せておいても
治るのです。しかし、残りの30%の方は、自然に任せておくと、どんどん悪くなるのです。

Head_image3.gif

腰痛の悩みから解放され
すらっとした姿勢でさっそうと歩くあなた!
行動範囲が広がり
活き活きと自信を取り戻し、
さらなる人生を楽しみませんか!

その方法の第1歩とは、

正しい手順を踏んで、

正しい知識をまず知る事です。

実は『知っているようでいて本当は知らない常識』に振り回され
腰痛が治らないだけでなく、場合によっては悪化させているのです。

この手紙は
ギックリ腰をはじめ、慢性腰痛等に悩むすべての方必読の便りです!

まずは正しい知識を知ることから
始めましょう!

また、いつ、ギックリ腰や腰痛になりはしないかとお悩みのあなたへ・・・

もし、あなたが、この手紙を読まれているのなら腰痛は小康状態なのかもしれません。
そして快方に向かっているのでしょう。でも、また、いつ、ギックリ腰になるのか、腰痛に
なるのかわからないのではありませんか。「もう、ギックリ腰や腰痛にならない」と自信を
持って言えますか。

あなたは、トイレに行って泣いたことがありますか。

トイレで泣く時とは、どんな時でしょう。家族が重い病気にかかった時、連れ添いや
子供さんを不慮の事故で亡くした時・・・

私は、ギックリ腰になった時でした。腰の痛みを我慢してやっとの思いでトイレに行き、
用を足している時、不意に涙が出てきました。「また、しばらく立てないのか!!」と。

その二日前に私は、仕事で重い荷物を持ち上げた時、ギックリ腰になりました。会社を休み、
立って歩くことができないので医者にも行けず、寝床に臥せっておりましたが、ギックリ腰を
患って二日目の朝、這う這うの体でトイレに行った時です。
涙が出てきたのは。

体を動かすことが好きで体を動かす仕事に就いた私もすでに社会人になって25年が
過ぎており、世間では、中年を越え、初老と呼ばれる歳になっておりました。

若い頃、3度ギックリ腰になり、その時は、「また2,3日寝てむのか!」と直感的に思っており、
実際に治っていました(実際は完治するまで約3週間は要したと記憶しておりますが)。

ですが、今回、ギックリ腰になった時は、すごく将来が不安になり、「この腰痛も3・4週間我慢
していれば、治るだろうけど、また同じギックリ腰を繰り返すのではないか。
50(歳)台、60(歳)台で、もしギックリ腰になれば、身体も衰えているので、そのまま、
立てなくなるんじゃないか。そして、妻や子供たちにも迷惑をかけ、一生一人では歩けなく
なるんじゃないかと!」との思いがわき、不覚にも涙が出てきてしまったのです。

やはり、若い時とは違って、二週間程経ってやっとゆっくり腰をかばいながら、歩けるように
なった頃、知人から腰痛のカリスマ治療師のことを聞きました。

なんでもその先生は、「的確な診断であくまで患者の身になり、真摯に対応・処置(治療)して
くださる」ということで評判の先生だそうです。

私は、その先生にぜひ診てもらいたいと思い、連絡をとりました。すると、
「ちょうどあさっての日曜日にあなたと同じような方を治療するから来られるといい。」
とおっしゃってくださったのです。

そして、その時、話してくださったのが、このノウハウe-Book(マルチメディア対応版)なのです。
「腰痛に悩んでいる方は、とても多い。もしできれば、話の内容を腰痛に悩まれている全国の
方に提供したい。」と一人の方が提案され、健先生にご無理を言って実現しました。

久保 健 先生ご自身はすでにほとんど休みがない状態で、全国の患者さんの治療に
当たっており、「これ以上おいでいただいても親身に対応しきれない」と、固辞されていた
のですが、当初は匿名ということでやっとご納得いただいたのです。【続きを読む】

健康バイブル 腰痛編

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/414-b35beb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。