ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者が教えてくれない!?糖尿病治療

医者が教えてくれない!?糖尿病治療

糖尿病が気になる、糖尿病に良いものが知りたい方へ

今現在、糖尿病を患っている方、糖尿病予備軍である方、なかなか見つからない

隠れ糖尿病の方、身内や友人、知人が糖尿病で困っている方、

西洋医学以外の治療法を試したことがありますか?

もしかすれば、あなたや周りの困っている方にピッタリの

糖尿病の治療法があるかも知れません。          

いきなりですが、出会いって素晴らしいですよね!

人と人との出会いもそうですが、情報や知識等との出会いも素晴らしい事です。

私は糖尿病に関しての情報と出会って、本当に良かったと思います。

普通の病院では教えてくれない、勉強できない、様々な療法や知識が、
私を救ってくれました。

何も知らないで、病院の処方どおりの生活をしていたら、今の生活みたいに、
楽しく過ごす事が、出来なかったかも知れません。

新しい出会い、少しのきっかけで、随分と変化が訪れる事もあります。

もしよろしければ、このホームページを覗いてみてください。


自分自身の糖尿病の対処法を考えてみませんか?

大切なあの人を想い、糖尿病の情報を教えてあげませんか?

今、何かと話題になっている生活習慣病!ですが、その中でも厄介なのが、糖尿病です.

(生活習慣病はどれも大変なのですが)

あなたは、糖尿病になっていませんか?

実は糖尿病は初期の場合、自覚症状がほとんど無いので、分かり難いのです。

自覚症状が表れた時には、病状がかなり進行しているおそれもありますので、
気を付けてくださいね。

私を含め私の周りのほとんどの糖尿病患者は、食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動不足・
ストレス等が原因で糖尿病になっています。

そして、糖尿病と分かっていても病院の治療や真面目な生活が億劫になりがちであり、
きちんとした治療法をしていません。私もそうですが、なかなかお医者様の言うとおりの
節制や規則正しい、厳しい制限の生活が出来ません。

そこで自分が納得のいく、自分に合ったもの、いろいろな療法の中から、
あなたに合う治療法を見つけてみましょう。

こんな治療法もあったのか!?という知識を持っても良いかもしれませんね。

説明の前に、お知らせがあります。

先日、 ”スクエア21” の取材がありました。

宮内洋さんが、インタビュアとして当地へ来てくださり、対談をさせて頂きました。

宮内さんも糖尿病にご関心があるみたいで、豊富な知識をお持ちでした。

「キイハンター」や「仮面ライダーV3」(主役:風見志郎)・「秘密戦隊ゴレンジャー」
(アオレンジャー)と、ちょうど私の世代の憧れ、ヒーローの宮内さんから、
商材に対してお褒めの言葉を頂き、大変、嬉しく思っております。

糖尿病のおさらい

 糖尿病の人って、どれくらいいるのか知っていますか?

  かなり前の調査ですけれど、糖尿病が強く疑われる人:690万人、糖尿病の
  可能性を否定できない人:680万人であり、日本全国で合わせて、
  1,370万人いると推定されています。
  
  (一説には、2007年現在で、1,600万人以上ともいわれています)

 糖尿病で死ぬ人はどのくらい?

  平成12年の人口動態統計によると、1万人くらいいるらしいです。

  そして問題なのは、合併症です。1年間に糖尿病による腎臓障害で人工透析を
  始める人は、約1万人
もいるらしいです。

  糖尿病が原因の視覚障害の発生も、年間、3,000人もいるそうです。

 偉そうに言ってるみたいで、お前は誰だ!?と思っているかもしれませんね。

 大変、申し遅れました。簡単に、自己紹介をさせてください。

 氏名は、石川 かなめ と申します。

 もうすぐ、44歳になります。

 昔は、凄く太っていたのですが、糖尿病になってからは、凄く痩せていました。

 周りの人からは、本当に大丈夫なの?と、かなり心配されるほど、ガリガリに痩せたの
 ですが、今は何とか、体重も回復し、標準体重まで戻っています。

 私は今現在、四国に住んでおります。実は、四国四県の糖尿病患者の人口比率は、
 四県とも全国都道府県のトップ10に入っております。詳しい事や本当の理由は分から
 ないのですが、都会と違って移動の手段が車であり(それも ドア to ドア)で、本当に、
 歩くことが少なく、それが一因ではないか?、とも言われています。

 (たまに都会へ行くと、皆さん、よく歩いていますよね。田舎では信じられないくらいです。)

 私は若いのですが、糖尿病歴は長いのです。糖尿病になった大きな原因は、暴飲暴食
 と極端な運動不足です。

 これまでに糖尿病で、様々な病状の経験をしました。

 経験がある方も多いと思いますが、典型的な糖尿病の症状です。

  例を挙げますと、

    ○喉が渇いてたまらない

    ○凄く、痩せてくる

    ○食欲が旺盛になり、いくらでも食べられる

    ○小便の回数が増えて、量も多い

    ○小便をした時に、沢山の泡がたつ

    ○甘いものが異常なほど欲しくなる

    ○お尻などに、できものができる

    ○肌が痒くなったり、かさついたりする

    ○疲れやすくなる

    ○歯周病(歯槽膿漏)若しくは、歯が抜ける

    ○立ちくらみがある

    ○手足が痺れる

    ○足が浮腫む(腎臓がヤバイかも!?)

    ○発汗異常(汗をかかなくなる)

  私が経験した、代表的な糖尿病の症状です。

  (糖尿病からと思われる症状は、もっとありますが)

 ここで、簡単な糖尿病になりやすいかどうかの生活習慣チェックをしてみませんか?

  太っている

  野菜や海草類をあまり食べない

  食べ過ぎている

  朝食は食べない

  お酒をたくさん飲む

  ドリンク剤やジュース類をよく飲む

  おやつは必ず食べる

  運動不足である

  脂っこいものが好き

  ゆっくり休めない

  甘いものが好き

  ストレスがたまっている

  夕食が遅く、ドカーンと食べる

  40歳以上である

  食事時間が不規則である

  家族や親戚に糖尿病の人がいる

  妊娠中に血糖値が上がったことがある

    社団法人 日本糖尿病協会監修の糖尿病HPより

 項目のチェックが多かった方は、生活習慣を見直してくださいね。

 糖尿病になっているかどうかのチェックもあります。

  このごろ太ってきた

  下腹部がかゆい

  食べても食べてもやせる

  手足がしびれたり、ピリピリする

  とても喉が渇く

  視力が落ちた気がする

  食欲がありすぎて、いくらでも食べられる

  立ちくらみがある

  おしっこの回数が増えて、量も多い

  甘いものが急に欲しくなる

  尿のにおいが気になる

  ちょっとしたやけどや傷の痛みを感じない

  全身がだるい

  おしっこが出にくく、出ても残った感じがする

  疲れやすい

  足がむくむ、重くなる

  肌がかゆい、かさつく

   社団法人 日本糖尿病協会監修の糖尿病HPより

 どのくらいの項目が、当てはまりましたか? 項目のチェック数が多かった方は、   
 病院で検査を受けられたほうが良いかもしれません。


 今、日本では糖尿病患者が多いと騒がれていますが、糖尿病について、

 ご存知でしょうか?

 実は、糖尿病にも種類があります。

  糖尿病の種類

  1型糖尿病

   膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が、
   絶対的に足りなくなって起こります。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病
   とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていました。

  2型糖尿病
   
   インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン
   作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り
   入れられなくなって起こるものがあります。

   食事や運動などの生活習慣が、関係している場合が多いようです。

   わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプであります。


  遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの

   遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因と
   なって、糖尿病が引き起こされるものです。薬剤が原因となる場合もあります。

  妊娠糖尿病

   妊娠中に発見された糖尿病です。新生児に合併症が出ることもあります。

 普通に言われている糖尿病とは、2型糖尿病のことです。

 糖尿病の種類はお分かりになったでしょうか?実は、糖尿病自体は、それほど恐くないと
 言われています。

 gappeisyou.jpg

 合併症というのは、その病気がもとになって起こる、別の病気や症状のことであります。 
 
 糖尿病には、下記のような慢性合併症があります。

  脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞 ・下肢閉塞性動脈硬化症・皮膚の病気・感染症 それと 

  3大合併症!!

  糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症3大合併症

  と呼びます。糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病の
  発症時から10~15年でこれらの合併症が、出てきます。

 糖尿病神経障害

  合併症の中で最も早く出てくるのがこれです。中心となる末梢神経障害の足や手の
  症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかない
  などです。そのほかにも筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、
  インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

 糖尿病網膜症

  目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する
  場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

 糖尿病腎症

  おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんにおしっこが
  作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、
  機械でおしっこを作らなければなりません。週に2~3回、病院などで透析を受ける
  ようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の
  1位がこの糖尿病腎症です。

 糖尿病、合併症が恐ろしいと言われる意味が分かりましたでしょうか?

 もしあなたが糖尿病になったら、どうされますか?

 今、糖尿病の方は、どういった治療をされていますか?


   ○毎日の規則正しい生活、厳しい食事のコントロールと1日1万歩の歩行?

   ○病院で処方された血糖降下剤の服用?

   ○ひどくなれば、インスリン注射?

 自分を律して、ストイックな生活を送ることが出来る方なら、糖尿病も恐れないでしょう。

 私は厳格な日常生活が、ダメでした(汗)

 食事に関しては身体が大きいにもかかわらず、1日の摂取カロリーを1800kcalに
 押さえて、毎日、ひもじい思いをしていました。そして暑い日も、寒い日も、雨の日も、
 1日1万歩以上の歩く運動!おなかが空いているうえに歩行運動をしていると、夜も
 眠れない日があります。

 本当に辛い生活です。

 友人や仕事の付き合いで、食事会、宴会、忘新年会など、目の前には誘惑がイッパイで、
 それを我慢するのは、至難です。

 このまま一生、美味しいものは食べられないの?どんな事があっても、歩き続けるの?
 お薬を飲み続けるの?糖尿病がひどくなれば、インスリンを打ち続けるの?
と、
 眠れない日も多々ありました。

 あることをきっかけに、西洋医学に頼らない、薬もインスリンにも頼らない、自分の身体の
 潜在治癒力で治そうと考えました。そして、現在に至ってます。

 私の友人の一人に、医者がいます。その友人に聞きました。

 「あなたが糖尿病、若しくは家族が糖尿病になったら、どういう治療をしますか?」

 その時の答えが、
 「病状が軽ければ、軽い食事のコントロールと運動、軽めの血糖降下剤なら服用します。
 が、重過ぎる血糖降下剤の服用やインスリンの注射は、なるべくやりたくない!、いや、
 しないだろう!」というものでした。実際に重度の糖尿病になってみないと分かりませんが、
 という前置きがあっての事ですけど。

 西洋医学では、糖尿病は完治しない、と言われています。糖尿病は完治できないから、
 血糖の上昇を抑えましょう。糖尿病は、これ以上、重くならないように、うまくコントロールし、
 うまく付き合っていきましょう、という考えだど聞かされたことがあります。

 西洋医学の否定はしません。私が仕事でお世話になっている糖尿病の方は、
 毎日、インスリン注射をして頑張って、元気に仕事をしております。レスラーの
 アントニオ猪木さんや、プロ野球の星野仙一さんもインスリン注射を打ちながら、
 精力的に仕事をしています。
 
 でもどこか対処療法の西洋医学を信じきれない自分が居るのです。

 楽な治療法に頼ってしまう自分もいるのです。

 人間の自然治癒力、潜在的な力を信じたい自分もいるのです。


 という訳で(ここまでが長くなりましたが)、

 この商材で、今までに私が試してきた、様々な治療法や飲食物等の紹介をします。

 元気だったあの頃の ”貴方 ・ 大切な人” に、戻りませんか?

 商材の中では、多岐にわたる治療法や健康食品、飲料水等、
 データを添えて、掲載しております。

 え~~っ!?こんな事をしてたの?という意外なことや、そんなことで、糖尿病が
 良くなる訳がない!
 といった暴露にちかいものも掲載しています。【続きを読む】

医者が教えてくれない!?糖尿病治療

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/322-407f3ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。