ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬も止められる 自宅喘息療法

why[1]

あなたも喘息を改善出来る理由をお話しします。
この方法は、現在まで数多くの喘息で悩まれている方が、
薬が不要となり、発作に悩まない普通の生活が送れる事が証明されています。
一体どうやって喘息を改善出来たのか?
今からその秘密をお話しします。

はじめまして、北京堂鍼灸治療院 院長の浅野周です。

私は27年間、鍼灸治療について絶えず研究を重ねてきました。

中国に渡り、北京中医薬大学で鍼灸治療を学び、日本に帰国してから、
北京堂鍼灸治療院を開業しました。
そして治療以外でも、今まで様々な中国鍼灸書籍の翻訳を行い、
日本の鍼灸治療技術を向上させてきました。
そのため、私の治療院では「あそこへ行けば何でも治してくれる」と思われ
ており、毎日大勢の患者さんが来院されます。
また、喘息の患者さんからも相談が多く、現在までほぼ全ての患者さんの喘息
の改善に成功しており、多くの方々の悩みを解決してきました。

私のことは書籍等で、ご存知の方もいるかも知れませんね。

私がこのサイトを立ち上げたのは、薬を飲み続けても改善せず、
咳が止まらずに夜も眠れずに悩んでいる方があまりにも多いからです。

そして、その方たちに、喘息の発作で日々脅えることがないように、
安心して生活を送って欲しいから。

「でも、喘息を改善させるためには、結局、薬を使い続けなければならない
のですよね?」


という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
私のところに相談にいらっしゃる方も、次のような悩みをもっています。

「長期間、薬を使い続けても、なかなか改善しないから、もう無理なのでは・・・」
「いつ喘息の発作が起きるかわからないので薬を持っていないと不安・・・」


また、発作を起こさないようにする薬を使っていたとしても、いつ発作が起こる
かもしれないという恐怖があり、薬を使う治療ではなかなか改善しないという声
もよく耳にします。

このように一般的には喘息を改善させるためには、薬を使い続けなければならない
・・・と思っているのです。

しかし、私は中国に渡り鍼灸治療を学び、
帰国後、中国の鍼灸書籍の翻訳を行う中で、20年以上研究と勉強を続けて
きました。
そして、世間一般に行われている薬を使った喘息の治療に疑問を持つように
なりました。

それは、西洋医学では、喘息の原因を究明して取り除くことをせず、喉の炎症が
起こっている部分に対して、炎症を抑える薬や、発作を起こらないようにする薬を
処方することしかしないのです。

本来ならば、炎症が起こっている原因を究明し、取り除くことをしなければ、
改善せずに炎症や発作をくり返してしまうだけなのです。

喘息で亡くなられた方の話を人から聞くたびに、私は
「東洋医学で治療をすれば改善出来るのに!」といつも歯がゆい思いに駆られます。

あなたはご存知ないかもしれませんが、西洋医学と東洋医学では得意とする疾患
の分野が違うのです。
西洋医学では細菌に関係のない疾患は実は苦手なのです。
西洋医学では、肝臓が悪ければ肝臓だけを治療し、現代の生活習慣病に対する
予防法がないと言われています。

もっとも大きな違いは東洋医学の整体概念なのです。
身体全体は経絡によって連絡されており、何か一カ所が悪くなってもバランス
をとって快復させようとするのですが、それが身体の適応能力を超えたときに
発病し、一カ所が悪ければ全体に波及するとしています。
そして医療で改善を目指さず、8割程度回復したら食事や運動などで自然に
症状を改善するように指導しています。

そのため、東洋医学では喘息を高確率で改善出来るのに対して、
西洋医学では減感作療法を用いても、なかなか改善させられないのです。
これは西洋医学の考え方が悪いと言っているわけではなく、守備範囲が
違うということなのです。

つまり、私が研究してきた方法を使えば、薬を使わなくても喘息を改善
することが出来るのです。

通常、喘息を治療するためには、発作を起こさないための薬と、発作が
起きたときの、発作を抑える薬が必要です。

しかし、薬は喘息そのものを治療して完治させるものではなく、一時的な
対処療法にしか過ぎません。
しかも薬には必ず副作用というものがあり、副作用のない薬はありません。

しかし、この方法は薬を使わないため、副作用を一切起こさずに喘息を改善
することが出来るのです。

そして、この方法の素晴らしいところはまだあります。

病院に行って治療をするよりも、自宅にいながら自分の空いている時間を
使って喘息の治療が出来てしまうのです。

「一般的な薬を使った喘息治療の効果ってどれくらいなの?」と思われるかも
知れませんので、一般的な喘息治療方法について少しご説明させて頂きます。

まず、喘息とは、ゼーゼーと笛が鳴るような呼吸音がしたり、
激しく咳込み、呼吸が苦しくなったりする、呼吸困難疾患です。

これは気道や気管支が炎症により細くなり、呼吸が妨げられることから
起こります。
喘息は慢性的に気管支が炎症を起こしていて、狭窄によって発作を起こします。
その原因は、アレルギーやストレスなどの様々な刺激に対して、過敏に反応して
しまうことで、炎症を引き起こしてしまうのです。

そして喘息の怖いところは、
呼吸困難によって、死に到る可能性のある疾病なのだということです。

刺激となるものはダニやホコリなどで、それを吸い込むと、アレルギー反応を
起こします。
「アレルゲン」と、タバコの煙などのアレルゲン以外のものがあり、いくつか
の誘因が絡み合って発作が起こります。
これらの誘因をできるだけ遠ざけることが、まずは発作の予防対策となります。

喘息の治療法は「症状が起こらないように毎日行う治療」と
「症状や発作が起きた時に行う治療」に分かれます。
喘息患者の気道には、慢性の炎症が起きていて、
この炎症は簡単には治らないため、毎日治療を続けなければなりません。

基本の治療薬は、吸入ステロイド薬で炎症を抑えるのが、効果が高いと
言われています。

また、発作の症状が起きた時は、発作を鎮めることが最優先ですから、
狭くなった気道をすみやかに広げる短時間作用性吸入β2刺激薬などが
使われています。

喘息治療とは、発作のときの症状を鎮めることではなく、
発作が起こらないようになり、健康な人と変わらない生活を送ることが
喘息治療の基本です。

ですから、慢性的な気道の炎症を抑える治療を毎日行うことが非常に重要
なのです。
しかし、喘息治療を軽く考え、発作が起きたときだけ薬を使い、毎日の気道
の炎症治療を怠っていると、気道がますます敏感になり、発作をくり返して
しまうという悪循環になってしまい、その結果、気道壁が厚く硬くなります。
これが喘息の難治化につながってしまうのです。

この悪循環を防ぐためには、気道の炎症を毎日気長に治療することが
大切なのです。

しかし、喘息の薬は喘息そのものを治療して完治させようとするものではなく、
一時的な対処療法にしか過ぎません。
しかも薬には必ず副作用というものがあり、副作用のない薬はないのです。

喘息の薬の副作用についてですが、よく「ステロイド」の副作用は怖い
といいます。
喘息の発作が起きた時に使われる吸入ステロイド薬は、
低~中用量の通常使用であれば問題はないとされています。

しかし、局所的な副作用で嗄声になったりすることや、
重症の方では、内服のステロイドを長期間使ったりすると、ステロイド筋症、
副腎機能不全、内分泌 月経異常など様々な病気の原因になってしまうことが
あるのです。

実は日本の医療機関では、一度に多くの種類の薬を出すのが現状です。
強い薬の場合は、本来必要のない胃薬まで処方されます。
医師は薬の効果について説明してくれますが、
薬の副作用については、細かい説明をしてくれる医師は非常に少ないのです。

その理由としては、薬の効果の裏側のマイナス部分でもあり、
患者さんが副作用のことを知ると、薬を服用することを必要以上に不安を感じて
しまい、神経質になってしまうことで、治療が円滑に行えないからなのです。

治療法をまとめると

4point.png

tp01.png

先程から申し上げているように、喘息の薬は喘息そのものを治療して完治させ
ようとするものではなく、一時的な対処療法にしか過ぎません。
薬で治療をすることそのものを否定するつもりはありませんが、
実際に、日本では毎年約3,300人前後の喘息の発作による窒息死の方々が
おられます。
有名人では以前、歌手のテレサ・テンが40代で亡くなりました。

pic02.png

喘息の死に関しては、薬を正しく使用しなかった場合の死亡も含まれていると
思いますが、

私は喘息治療については、西洋医学では限界があるのではないかと
考えています。


その理由は、喘息を治療するためには、喉の炎症を抑えることも大切ですが、
それよりも、本来の原因である、アレルギー体質を改善することの方が重要
なのです。

私のもとに相談にいらっしゃる人たちのほとんどが、薬を使った治療法に不安を
持っている方や、長期的な治療や入院による高額な医療費で悩んでいる方も多い
のです。

「喘息を改善させたいけれど、毎日副作用を気にしながら、薬を使って根気強く
治療するには抵抗がある」「喘息を改善させたいけれど、いつ起こるかわからない
発作に脅えながら長期間医療費を掛けることは辛い」
「喘息の薬を使っていた知人が発作で亡くなってしまったので、自分も不安だ」


あなたもこんな気持ちになったことはありませんか?

薬を使った喘息治療は、今では手軽に行われているので、安全だと思うかも知れ
ませんが、本当に安全だと言い切る事は出来ません。

実際に、喘息治療の副作用で悩まされている方は大勢いるのです。

薬を多量に使用したり、長期的に使用することで起こる代表的な副作用の病気を
列記してみます。

【局所的な副作用】
・嗄声(声がれ)
・咽頭刺激症状
・カンジダ症(口腔・咽頭・喉頭・食道)
・口内乾燥

【全身的な副作用】
・感染症の誘発、感染症の増悪
・副腎機能不全
・糖尿病
・消化性潰瘍、膵炎
・精神変調、うつ状態、痙攣
・骨粗鬆症、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死
・緑内障、白内障
・血栓症
・小児の発育遅延

このように、薬を長期的に使用すると、上記の副作用が必ず出るわけでは
ありませんが、薬の使い方を一歩誤ってしまうと、取り返しが付かなくなって
しまうことがあるのです。

この一般的な治療法の考えられるリスクを列挙してみると

risk.png

そんな悩みが多かったからこそ、私はこの「薬も止められる自宅喘息療法」
を確立させたのです。

4.png

本来、喘息を改善させるには、正しい知識さえ持っていれば、
どんなに重症な喘息でも改善の可能性は高いのです。

tp02.png

「子供の頃から喘息だからあきらめている」

「薬を長期間使い続けても治らないので、あきらめている」

しかし、喘息の本当の原因は、気道粘膜の慢性的な「アレルギー性炎症」で、
発作が起きていない状態でも炎症は起きているのです。
この慢性的な炎症を抑えることが、喘息を改善させることにつながるのですが、
その方法とは、本質的にアレルギー反応を起こさないような体質にさせてして
しまうことなのです。

アレルギー体質の方は、人体にあまり害のないアレルゲンであっても、
自分の免疫作用が過剰に反応し、体内に外敵が侵入して来たとして攻撃を
してしまいます。
これがアレルギー性炎症の正体なのですが、ある方法を使って、この免疫システム
に刺激を与え続けると、アレルゲンが体内に入って来たとしても、攻撃をしない
ようにすることが可能となり、アレルギー性炎症を根本から起こらないようにする
ことができるのです。

今まであなたが喘息を改善出来なかった理由はここにあるのです。

しかし、多くの方はこの事実を知りません。
あなたの周りの人に聞いてみて下さい。

「喘息の原因を知っていますか?」と。

ほとんどの人が
「アレルギー体質だから仕方がない」と答えるはずです。

でも、事実は違います。

「アレルギー体質だから仕方がない」と思ってしまうことで、一生、喘息の悩み
からは開放されないのです。

この事実を踏まえ、もう少し具体的にお話しますと、喘息とは、
「免疫システムの異常」なのです。
自分の身体のことを守り過ぎるために、自分の身体を逆に攻撃してしまうのです。

本来、人体にあまり害のないものを、害としてとらえ、喉に炎症を起こすのです。
ですから、原点に立ち返れば、炎症を抑える薬を使うことよりも、身体に害である
ものと、害でないものを正しく認識できれば、元々、喘息は起こらないのです。

その免疫システムに正しい認識をさせるためには、ある方法を使って皮膚に
刺激を与え学習させるのです。
そして、学習した免疫システムは、アレルゲンの刺激を害のないものとして、
認識し始めるのです。
すると、今まで悩んでいた喘息の症状が嘘のように消えてしまうのです。

多くの方は、そういった知識がなく、あまり深く考えずに間違えた行動を
繰り返しています。

正しい方法さえ実践していれば、喘息の改善が現実化するのです。

tp003.png

「喘息は改善したいけれど・・・」

確かに、自分でも出来るのかな・・・と不安に思うかも知れません。
しかし、ご安心ください。

これまでに数多くの喘息患者を改善へと導いてきた効果的な方法を
ご紹介します。

大まかにいうと、たった3つのことをやって頂くだけです。

3step.png

これだけのことを実践して頂くだけで、気づいたら喘息を改善し、
普通の人と同じようにスポーツを楽しんだり、安心して夜も寝られるように
なる事でしょう。

「具体的にどうすれば良いですか?」

この方法をあなたに直接お伝えしたいのですが、
私は毎日、治療院で患者さんの治療にあたっていますので、直接お伝えするのには
限界があります。

そこで、喘息でお悩みのあなたの為に、
この「薬も止められる自宅喘息治療」を全て公開する分かりやすいDVDを
制作致しました。【続きを読む】

薬も止められる 自宅喘息療法

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1442-efc41c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。