ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

body_02-H3.jpgbody_03-H3.jpgbody_04-H2.jpgbody_05.jpg

chk_01.gif

・遠くのものが、ぼやけて見えにくい
・本や新聞を読むとき、無意識に文字をよみとばす
・歩いている人にぶつかることがある
・目の前にある探し物に気がつかなかった
・仕事で見落としのためミスが多くなった
・野球やテニスなど球技が苦手
・車の運転でヒヤリとすることがある
・目が悪いのは遺伝が原因…
・レーシック手術はやっぱりコワイ
・メガネやコンタクトからサヨナラしたい

など。
これらの項目に該当する人は、
「脳力」の衰えによって視力がますます低下していると言えます。

では、どうすれば「脳力」効果的に活性化させ、
「視力」を向上させることができるのでしょうか…?


hajimemasite_02.jpg

私は、眼科クリニックを開業している現役の眼科医師。
年間におよそ2万人の患者さんを診察しています。

もしかすると、
視力関連の健康雑誌や書籍などで私のことをご存知かもしれませんね。

sub-01.gif

私が、なぜこのようなホームページを立ち上げたのか?
それには、理由があります…

「視力の低下で困っている方がとても多いから」

そして、
視力低下に悩む患者さんの多くは、「間違った目の使い方」をしておられます。

世間で「目のためには…」と通説のように言われていることでも
実は、逆に視力低下を助長するようなものも少なくないからです。

近年、日本における視力低下は著しく、
人口の5割近くがメガネやコンタクトで視力矯正をしています。

携帯電話やスマートフォン、ゲームやパソコンなどの普及により、
視力低下が急激に進んでいるのです。

画面を見続けることにより、目は酷使され、疲れます。
疲れが溜まれば目の筋肉がうまく働かなくなり、焦点がぼやけてしまうのです。

では、目の疲れを取れば、視力は良くなるのでしょうか?

目のマッサージをしたりすることで、一時的には良くなるかも知れませんが、
根本的には何の解決にもなりません。

視力とは、その名の通り「ものを視る力」です。

でも、実際にものを視ているのは目なのでしょうか?

目はあくまでカメラのレンズのようなものであり、
実際には「脳」がそれを認識しています。
目から入った情報を脳が認識・判断して初めて「ものを見る」といえるのです。

sub-02.gif

「電車で目の前に知り合いが座っているのに気がつかなかった」
「出て行く時、扉に肩をぶつけた」
「目の前に醤油があるのに醤油どこ?と妻に聞いた」

あなたにはこのような経験はありませんか?

目には映っているはずなのに、気がつかない、認識できていない。
これは脳の働きが鈍いために起きる現象です。

脳が見たと認識する能力が低下することにより視力低下が起きます。

つまり、視力低下の原因は、実は目そのものの疲れなどではなく
「脳の疲れ」からくるものだったのです。


それは「脳の活性化と視力は密接な関係にある」ということです。
そして、その結論に基づいて開発した視力回復プログラムが、「アイサプリ」
なのです。

sub-03.gif

m-01.jpg

きっと、あなたはそう思うことでしょう。
普通の人なら、そう思って当然です。
眼科医ですら、この事実を知らない人が大勢いるのですから。

でも……
ここだけの話。

kagi.jpg

目で情報を集めても、脳がそれを認識しなければ「見える」ということ
にはなりません。
脳の処理が追いつかなければ、「見えていない」のと同じこと。
つまり、「目」と「脳」の能力を合わせてはじめて、「視力」なのです。

sub-04.gif

m-02.jpg

断言してしまいましょう。
それは大きな「間違い」なのです。

視力回復のポイントは「脳力」の向上にあります。

物を見るのは「目」ですが、
それを認識するのは「脳」の力。

距離や奥行きなど、立体的な情報として捉えるのは「脳」の役目。
目から届いた情報を受け取るのは「脳」なのです。

「脳」を活性化することで、
目と脳の連携を改善する。


それが視力回復のポイントなのです。

「アイサプリ」は「目と脳の連携を改善する」ために
作られた、ゲーム感覚のプログラムソフト。

毎日5分間、楽しむだけ。
それで、脳の活動が効果的に活性化します。

遠近感、立体感、動体視力も向上!
視機能全体が改善し、判断力もアップ!
活性化した脳と目の連携がよくなれば、視野も広がります。

im01.jpg

sub-05.gif
m-03.jpg

普通の人はそう思います。
でも、これも大きな間違い。

本当は全くの逆で、
「目は使えば使うほど良くなる」

のです。

ただし!
それは上手に使った場合に限ります。

matigatta.gif

今までのあなたは、正にこれ。
間違った使い方をすると、目と脳の機能が損なわれ、
環境に合わせてどんどん視力低下が進行してしまうのです。

ひとくちに「視力」といっても、止まっているものを見る「静止視力」だけでなく、

・「動体視力」……動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力
・「深視力」 ……遠近感や立体感を正しく把握する能力

他にも、

見たものを瞬間的に記憶する「瞬間視力」や、 色や輝度を識別する「コントラスト能力」、
また、どれだけ見えているかという「周辺視野」の能力も、
視力の良し悪しに大きく関わってきます。

今回、ご紹介する視力回復プログラム「アイサプリ」では、
これらの能力を向上させる事が出来るのです。

sub-06.gif

m-04.jpg

たったそれだけ。

たったそれだけで、あなたの視力は驚くほどに回復することでしょう。

「ゲームをするだけで脳が活性化されて視力が良くなるなんて?」

不思議かもしれません。

当然です。

でも……

これは、あなたが信じられなくても、事実だから仕方がありません。

もちろん、普通の市販されているテレビゲームではありません。

眼科医・本部千博が長年の研究と臨床経験の中で開発した、
「脳力」を活性化させることで「視力」を回復するゲームタイプのプログラム
「アイサプリ」だけが、それを可能にします。

あなたは、「アイサプリ」の脳力トレーニングゲームを楽しむだけ。
それだけで、みるみる視力が回復するのです。

さらに、「脳力」が総合的に鍛えられるので、ものごとの理解力、集中力、記憶力までも、
高める事ができ、脳年齢も若返ります。

「ゲームなんかしたことがないよ」
「ゲームは苦手で……」
「パソコンの操作があまり上手くないから」

そんな人でも大丈夫。

ゲームの内容は至って簡単です。
操作もマウスと数字を入力する程度の非常にシンプルなもの。

お子様から、ご年配の方まで、簡単に取り組むことが出来ます。

「ゲームを楽しむだけで視力が回復する」

にわかには信じられない話かもしれません。

でも、これは事実です。

この「アイサプリ」をはじめて、早い人ならたった数日で、
メガネやコンタクトを外した裸眼生活を送っていらっしゃいます。

「脳を鍛えると視力が回復する」という考え方は、斬新に思えるかもしれませんが、
実は、脳科学の世界では早くから常識として知られている事実です。

そして、その原理を

・簡単に
・短い時間で効果的に

ko-1.gif

sub-07.gif

m-05.jpg

パソコンにディスクを挿入するだけ。
プログラムが自動的にパソコンにインストールされますので、
特別な操作をしなくても、すぐにご利用になれます。

しかも、マウスの操作と数字入力程度で使用できますので、お子様からご年配の方まで
簡単に実践して頂けます。【続きを読む】

視力回復&右脳活性プログラム「アイサプリ」

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1362-3d3ef656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2012/04/26(木) 17:44:38 |
2012/04/30(月) 18:33:09 |
2012/05/02(水) 16:25:58 |
2012/05/03(木) 18:39:49 |
2012/05/08(火) 20:46:51 |
2012/05/14(月) 00:48:50 |
2012/05/17(木) 18:16:01 |
2012/05/18(金) 20:18:49 |
2012/05/24(木) 21:22:52 |
2012/05/26(土) 22:15:08 |
2012/05/29(火) 18:18:32 |
2012/06/01(金) 00:21:07 |
2012/06/01(金) 19:44:33 |
2012/06/02(土) 21:40:03 |
2012/06/08(金) 21:37:27 |
2012/06/14(木) 14:39:46 |
2012/06/16(土) 05:14:02 |
2012/06/21(木) 01:54:58 |
2012/06/24(日) 03:18:39 |
2012/08/07(火) 14:36:49 |
2012/08/10(金) 18:59:11 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。