ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデルの秘密!ナチュラルダイエット!

header_photo_00.jpg

note_top.jpg

テレビ、その他で活躍しているので皆さんもお目にかかったことがある顔
かもしれませんね。

今だからモデルやタレントをさせてもらっていますが、実は私、芸能界に飛び
込んだものの全く売れず・・・・・・ 事務所やマネージャーから
「痩せろ・痩せろ・痩せろ」と朝・昼・晩、毎日言われ続けてきた人物の
一人なのです。
と言うのもテレビってホント、太く映るんですよ。

実際に細い子でもテレビに映ると最悪ぽっちゃりに見えてしまうんですから。
そして、地デジ化によって事はさらに重大に・・・

毎日の「痩せろ」攻撃も日毎に激しさを増して行き、私の精神的ストレスは頂点に。
そもそも私自身そんなに太ってないと思っていたんですが、ある日モデル出身の
有名なタレントさんと共演した際の、収録VTRを見たとき、自分の姿に唖然としました。

その子とは隣同士なのに顔が遠近法のように大きく映っていて、倍はあるんじゃない
かという体つき・・・脚も太くて、ずんぐりしていてまるで、おばさんみたい!

楽屋でも女の子のタレントが集まるとダイエットの話題でいっぱいです。特に
モデル出身の子は敏感で、タバコは辞めなくても甘いものは食べないって子が
ほとんどなんです。

でも私は、甘いもの大好きで・・・どーしてもやめられなかったんです

だって朝早くから夜遅くまで撮影をしてクタクタに疲れ切った体にはチョコレートや
ケーキ、アイスクリームが一番効くんですもん。それに、一日頑張った自分へのご褒美
だったので、甘いものを食べているひと時が私にとっては一番の癒しだったんです。

ただ、そんな私の考えは甘かったのかな?とプロ意識を痛切に感じさせられる
出来事がありました。それは今も売れっ子第一線を走っているモデルの子と共演
した時の事です。

彼女は撮影前にはお肌のために、クリーンな水を2リットル飲むんです。しかも喉が
渇く前に冷たすぎない常温のお水やお湯をチビチビと。
いっぺんに飲むのも体の負担でよくないらしいんですよね。

胃腸を冷やすのを避け、夏でもひざかけや冷房の対策、体を温めることを忘れ
ないんです。
そして食生活では、なんでも食べ、バランス取れたものを徹底して摂るようにし、
添加物やジャンクフードなどは摂らない。お酒も撮影前夜は9時以降口にしない。

睡眠は必ずどんなに忙しくても7時間以上とるため、夜遊びはしない。
甘いものは、撮影後のご褒美にチョコレートを2片だけ。

といった見事なまでのストイックぶり。
「すごいね。私続かないから感心するよ!だからそんなにお肌もきれいだしスタイル
もいいんだね。」と私が言うと彼女は・・・

「あゆみちゃん、仕事をとるためには当たり前のことだよ。それに見てくれる人に
見苦しかったら申し訳ないし。」

この言葉が私に「ああ、これが厳しいプロの世界なんだ」という衝撃を与えた
一言でした。
この時を境に「私のような甘い考えでこの世界を生きていけるのだろうか・・・・・
徹底した意識をもたなければ続けられないんじゃないか・・。」そう考えて
しまったのも事実です。

それからというもの、もともと、自分に自信が持てなかった事もあって、どんどん
消極的なネガティブ女になってしまいました。悪いことは重なり、それが仕事にも
影響を及ぼし、撮影時の表情も暗くこわばった表情になっていきました。

カメラマンさんからも「あゆみちゃん、今日はダメだね、表情がちっとも
楽しそうじゃないよ。求めてるのは自然な笑顔だよ。嘘の笑顔作ったってカメラは
ごまかせないよ。今日の撮影は終わりにしよう。」

そんな決定的なことまで言われ、お仕事は当然のように激減してしまいました。

txt_watashiniha.png

毎日そんな事を考えていました。

ストレスで肌はガサガサ、髪の艶も失われ「もうダメだ!」と溜まっていた
ストレスが一気にはじけ、やけ食いに走ってしまいました。

実はやけ食いに走ってしまったその日までちょっと無理な食べないダイエットを
して体重だけ減らそうとしていたんですよ。
食べないことで、太りはしないけど、落ちることもしない・・・そのジレンマの
イライラから「こんなストレスばかりのダイエットなんて無理!」
って思ったとたんにピザ1枚を皮切りに、コーラをがぶ飲みし、アイスクリーム、
菓子パン、ケーキ…と次々に食べてしまったんです。

これがいわゆる「リバウンド」なんですね。

次の日、顔はむくみ、体重は増え、体重増の焦りから気分が悪くなり、嘔吐。手足は
氷のように冷たくなって、あきらかにやつれた自分が鏡に映っていました。

そんなとき、モデルをしていたころの仲間が大活躍している記事を目にしたんです。
彼女はつやつやのお肌で、スリムだけど程よい筋肉の スレンダーボディを保っている。
しかも私より5歳も年上なのに!
何年前か共演した姿と全く変わらないんです。羨ましい気持ちもありましたが、
まず先に

txt_doushite.png

という気持ちが強すぎて、すがる思いで彼女にメールを送りました。
すると彼女からこんなメールが返信されてきました。

「あゆみは、頑張り過ぎるから少しリラックスして体全体を整えてもらった 方が
いいよ。私が定期的に通っている東洋医学の先生を紹介するから、一度 見ても
らったら?悪い氣が体に充満しているのかもしれないよ。」

「氣? 氣ってなんだろう?なんかマンガの世界じゃないの?」
と一抹の不安を抱えながらも、彼女の「体全体を見てもらった方がいい」 という
言葉にひかれて鈴木先生の門をたたきました。

txt_sokode.png

ホルモンバランスが悪いと、いくらダイエットをしても無理だよ。
今の柑谷さんは血液の流れも悪いので、老廃物を外に出せないし、栄養をとり
こめない「詰まってる」状態。 さらにこのままだと体の中からボロボロになって
しまい内臓も傷めてしまうから、ダイエットどころではなくなってしまうよ。

だから、まずは食生活と氣の流れを整えること。それから正しいダイエット
楽チンにやっていこうよ。

数多くのモデルさんが実践していて、ずっと続いているものだからきっと柑谷さん
にも合うよ。
体が「詰まって」いる状態だと、いくらダイエットをしてもアレルギー反応のように
拒絶してしまって、何をやっても良い方向にはいかない。まずは体のことを知ろう。

といったことでした。

先生はちょっと私の体に触れただけで、目には見えない体の中が傷めつけられてる
と見抜いたのです。

不規則な生活をしてきたという心当たりが私にはあったので、それをズバリ当て
られてしまうと、ひょっとしたら、変われるかもしれない・・・
先生の言うとおりに頑張ってみよう!この日を境に先生の指導を忠実に実践しました

txt_soshite.png

before-after-ak.jpg

写真を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、うれしい事に体重だけでなく
ウエストやヒップ、さらには落ちにくい太ももや二の腕まで細くなっちゃったんです!

今までの生活を特に変えたわけでもなく、激しい運動や食事制限をしたわけでもない。
ただ鈴木先生の言うとおりに「あること」を実践していっただけなんですよ!
それだけでカラダがキレイに!
そして仕事も順調になり以前のストレスはどこにやら・・・って感じです。私にとっては
人生を左右するほどの出来事だったので、先生にはホント感謝しています。

この手紙をかかせてもらったのは、このダイエット法のすばらしさを皆さんに知って
もらいたいという気持ちと、私のように間違ったダイエットでストレスを溜め、
精神的にも追い詰められてしまう。そんな苦しい思いをしている人に、もう苦しむ
必要はないんだよ。って教えてあげたい気持ちで書かせてもらいました。

でも初め私はあまり他の人に教えるべきではないと思いました。

それは 鈴木先生のダイエット法がダイエットの専門家などから睨まれてしまう
ほど効果がある
危険性を秘めていると感じていたからです。

思わず先生がこの方法をマニュアルでインターネット販売する監修をお引き受け
すると聞いたとき、私は不安になってしまい・・・

「こんなスゴイこと、公開しちゃってホントに大丈夫なんですか?」

と尋ねたところ、先生は・・・


txt_sukosidemo.gif

むしろなにかあればいつでも手を差し伸べたい。

との事で、私の心配はまったく必要なかったみたいです(笑
皆さんも是非このダイエット法を試して下さいね。
そして私のようにストレスから解放される事を願ってます。
【続きを読む】

    

モデルの秘密!ナチュラルダイエット!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1354-c65339a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。