ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劉先生の自宅で出来る頭痛・めまい解消法

head-H3_20120329113831.jpg

catch2-H1.gif

この方法は、様々な薬を服用し、ありとあらゆる病院を渡り歩いても治すことの
出来なかったあなたの頭痛もスッキリと解消できる方法です。

もし、あなたが本当に頭痛を改善したいと真剣に悩んでいるのでしたら、このサイトは
きっとお役に立てると思います。

なぜなら、頭痛の本当の原因真の改善法をお伝えするからです。

はじめまして、
頚椎治療専門鍼灸院、院長の劉(リュウ)莉亜(リア)と申します。


私はもともと、中国医科大学で医師として働いておりましたが、
日本の医学博士号を取得するために日本にやって参りました。
それから30年以上に亘り、頚椎治療を専門に日々研究を重ねています。

その治療の確かさから、様々なメディアから取材を受ける機会もありますので、
もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかも知れませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。

原因不明のひどい頭痛や、頭痛に伴うめまいや吐き気といった症状に
悩まされている人があまりにも多いから。

そして、その方達の頭痛の原因を取り除き、頭痛を解消してはつらつとした
毎日を送って頂くためです。

「でも本当に頭痛を治すには結局は薬を飲むしかないですよね?」

と、思われるかもしれませんが心配はいりません。
私の治療院にご相談に来られる患者様も、次のようなお悩みを抱えて
いらっしゃいます。

「薬を飲んでもあまり効果が無い…」
「検査をしても原因すら分からない…」


また、「整体治療で一時的に頭痛は治ったが、通うのを止めたとたん頭痛が再発した」
といったお話しもよくお聞きします。

一般的に、頭痛は薬で痛みを抑えて我慢するしかない…と。

しかし私は、
「根本的に頭痛を改善することは不可能なのか?」との課題を掲げ、
現在までに30年以上研究を続けて参りました。

世間に出回っている薬や注射製剤の効果を試してみたり、
痛みについて人体の構造的な観点から学んだり、
進んだ技術があると聞けば国内外を問わずに飛び回り、頭痛改善の研究に
打ち込んできました。

その研究が20年を過ぎようとしていた日のこと、
私はようやく“頭痛の本当の原因”を突き止めたのです!

そして、ドキドキしながら、“頭痛の本当の原因”を取り除くための施術を、
患者様に施してみたのです。

そうすると、今まで何をやっても治ることのなかった頭痛が、その場で
スッキリと消えたのです。

それまで何十年も原因不明の頭痛とめまいに悩まされ、
起き上がることすらままならなかった患者様が、帰りには駅まで歩いて電車で
帰宅したそうです。


もちろん薬などは一切使っておりません。

つまり、薬にも頼らずに、たった1度の施術で、頭痛を解消することが
できたのです!

通常、頭痛や頭痛に伴うめまいや吐き気を治療するためには、薬による治療法
が一般的です。

しかし、私の提案する「頭痛改善法」は
一切お金を掛けることなく、薬や特別な道具も使わずに、頭痛を治すことが
できるのです。

そしてこの方法の素晴らしいところはまだあります。

自宅で自分で行うことができるにもかかわらず、
まるでその効果は、薬を飲んだ時以上にあなたの頭痛を解消することが
できるのです。

では、「薬の効果ってどれくらい?」と思われるかもしれませんね。
そこで、薬を使った治療について少しだけご説明させて頂きます。

“薬”や“注射”では頭痛は治せない!?

まず、頭痛・めまいの薬といっても、症状に合わせて多くの種類があります。
市販で販売されているものから病院で処方されるもの、薬の効果も強さも
実に様々です。

症状に合った薬を選ぶことができれば、確かに効果はあります。

しかし、その効果は一時的なものです。
薬で症状を抑えることはクセになっていき、だんだんと効果は薄れていきます。
市販の薬では効かなくなり、今度は病院で処方された薬を使うようになります。
そしてついにはそれも効きにくくなり、定期的に注射を打たなければ耐えられ
ないほどになってしまうのです。
また効果がないからといってむやみに薬を飲み過ぎたり、薬を飲む機会が増え、
頻繁に服用する状態が3ヶ月も続ければ、乱用というレベルに達し、更に
危険度も上がり、薬物乱用頭痛に陥る可能性が高くなります。

薬物乱用頭痛とは、痛み止めを頻繁に服用しているうちに、
脳がわずかな痛みにも敏感に反応してしまうようになり、
健康であれば気にならない程度の痛みでも、体が痛みを感じることによって
引き起こされる頭痛です。

改善のためには、痛み止めの服用を中止するのが一番ですが、
薬物乱用頭痛によって毎日のように頭が痛くなるため、痛み止めを中断する
ことに不安を覚える人が多いです。
けれど、頭痛の引き金となっている痛み止めを飲み続けていては、頭痛の連鎖
を断ち切ることは不可能です。

ですが、患者さん自身が痛み止めの薬に依存している状態ですから、
いくら薬物乱用頭痛の理屈を理解していても、なかなか服用を止めることは
出来ません。

心の底から薬に依存しているご自分を受け止め、
ご自分が「痛み止めを飲むのを止めたい」と強く決意しなければ、
薬物乱用頭痛から抜け出すことは出来ないのです。

また、いくら薬を服用しても頭痛が完治する訳ではありませんので、
半永久的に頭痛と付き合いながら生きていく
しかないのです。

「頭痛の苦しみを誰にも理解してもらえない…」
「頭痛やめまい、吐き気が酷く起き上がることさえできない…」
「いつ襲ってくるか分からない頭痛に毎日怯えながら生活している…」


あなたも、このような気持ちになった事はありませんか?

頭痛と一言で言っても、
偏頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛、頭部神経痛、底髄液性頭痛、労作性頭痛など、
様々な種類の頭痛があります。

ですが、それが緊急性のある痛みなのか、
横になっていれば治まる程度の痛みなのかを本人が判断するのは難しいことです。

なので、「この痛みはもしかしたら脳に異常があるのかもしれない」と不安になり、
思い切って病院で検査を受けても脳には何の異常もなく、
それでも頭痛が治まらない状態が続くと益々不安になってしまうのです。

そこで、セカンドオピニオンとして別の病院を受診すると、
頭痛に伴うめまいなどの症状から、耳鼻科の受診を勧められ、
そこでも特に異常が認められない場合は、神経内科の受診を勧められ、
そこでも頭痛の原因がはっきりしないため、挙句の果てには自律神経失調症と
診断され、安定剤を処方される方も少なくありません。

ですが、安定剤を飲んだところで頭痛は改善されませんし、
そんな風にしばしば頭痛に悩まされているあなたのことを、
周囲の人に理解してもらうのはとても難しいことです。

それは、痛みという症状が目に見えないからです。

同じ目に見えない症状でも、「風邪を引いて熱がある」状態で、その人の体温
が38度であれば、周りの人は自分が経験した38度の熱を想像し、体調の
辛さを思い量ることができますし、額に手を当てれば発熱を確認できます。

ですが、「頭が痛い」と言われても、見た感じは健常ですし、
その人がどの程度の痛みに悩まされているのか分かりません。
それに、頭痛持ちでない方が経験する頭痛は、鎮痛剤を飲めばすぐに治って
しまう程度の痛みなので、あなたの頭痛がそんなに大変な状態だとは想像も
できないのです。

ですからあなたが、「頭が痛いので会社をお休みさせて下さい」と言った
ところで、「大袈裟」もしくは「働く気がないのでは?」と思われて
しまうのです。

ただでさえ、原因不明の頭痛やめまいに悩まされ、不安で不安で仕方が
ないのに、人に理解してもらえない、仕事や家事が出来ない、などの
現実が更なる不安を引き起こし、不眠や鬱、パニック障害などを引き起こす
方も少なくありません。

実際の頭の痛みだけではなく、精神的ストレスと闘わなくてはならないのも、
頭痛でお悩みの患者様の特徴だと言えるでしょう。

その様に慢性的な頭痛に悩まされ、辛い思いをしている方達が日本には
約3,000万人以上もいるのです。

だからこそ私は、この「頭痛改善法」を確立させたのです。

■薬や注射に頼らずに痛みから解放される
■薬の副作用や薬剤誘発性頭痛の心配がない
■専門的な知識や難しいテクニックは必要ないので、すぐに実践できる
■頭痛だけではなく、頭痛に伴うめまいや吐き気といった症状も改善できる
■頭痛に襲われる不安や精神的ストレスから解放される

本来、正しい知識さえ持っていれば、どんなに酷い頭痛でも解消できるのです。

もしかしてあなたは、頭痛が治らない原因について、
この様に思ってはいませんか?


「体質だから諦めるしかない…」
「ケガの後遺症だから仕方ない…」


もし、あなたがこの様に思っているのでしたら、大きな勘違いをしています。

実は、頭痛は体質やケガの既往歴に関係なく、治すことが可能なのです。

頭痛を治せない原因として考えられるのは次の2つです。

■頭痛の本当の原因を知らないから
■鎮痛剤などの対処療法に頼りきった治療

頭痛を治せない原因はここにあるのです。
しかし、多くの方はこの事実を知りません。

あなたの周りの人にも聞いてみて下さい。
「頭痛の原因を知っていますか?」と…

ほとんどの人が「体質」もしくは「疲れているから」などと答えるのでは
ないでしょうか。

でも、真実は違います。

体質や疲れているからだと諦めてしまうことで、
あなたは一生、頭痛と付き合っていかなくてはいけないのです。

この事実をふまえて、もう少し具体的に説明していきます。

いわゆる頭痛持ちとは、脳に異常が無く、慢性的に頭痛に悩まされている人です。
その数は、日本人の4人に1人と言われています。

皆さんよく勘違いしているのですが、通常の頭痛は脳が痛むわけではありません。
痛みを感じているのは脳の機能ですが、実際に痛みを発生しているのは、
頭蓋骨の外側にある筋肉や筋膜、神経や脳を包む膜や血管などです。

一般的な原因として考えられるのは、生活習慣やストレス、睡眠リズムなど
ですので、「頭痛は体質だから仕方ない」と諦めている人もいらっしゃいますが、
諦めないで下さい。

まず、頭痛やめまい、それに伴う嘔吐などの症状がある場合は、
病院を受診して脳に異常がないかを調べる必要があります。
今まで経験したことの無いような激しい痛みの頭痛は、
クモ膜下出血や脳出血、脳腫瘍、硬膜下血腫の可能性も考えられますので、
自己判断に任せず一度は病院で検査することをお勧めします。

検査の結果、特に頭痛の原因が特定できない場合は、
私でしたら、長い臨床経験から頚椎に原因があるのではないかと真っ先に
疑います。

頚椎周辺の軟部組織が何らかの原因で損傷したことにより、体の自己調節機能が
働き、軟部組織が線維化、石灰化することでバランスを保とうとするため、
水腫や癒着といった病理変化を引き起こし、次第に筋短縮状態になるため、
頭部に行く血管神経を圧迫して、頭痛やめまいの症状を引き起こしている
ケースが非常に多いのです。

もっと詳しくご説明致しますと、
上位頚椎の深い筋肉層には、下頭斜筋、上頭斜筋、大後頭筋という3つの
筋肉があります。
この3つの筋肉に囲まれた三角形の部分を後頭下三角と言い、
この後頭下三角の中に、頭部に向かう大後頭神経、小後頭神経などの重要な
神経があり、更に頭部に栄養を送る頚骨動脈が通っています。
一旦、これらの筋肉に筋短縮が起こると、ここを通る血管や神経を圧迫して
しまい、頭痛やめまいなどの一連の症状を引き起こすのです。

ですから、この後頭下三角に囲まれる筋肉の緊張を緩めることにより、
多くの患者様は1回の治療の直後、もしくは数回で、頭痛をスッキリと解消
することが出来るのです。

そう、頚椎に着目することで、頭痛の本当の原因である筋肉の短縮を緩めれば、
頭痛は解消出来るのです。

あなたもこの方法で頭痛を解消してみませんか?

「もちろん、頭痛は解消したいけど…」

確かに、自分には無理かもしれない…と不安になるかも知れません。

でも、ご安心下さい。
これまでに多くの患者様を頭痛やめまいから救ってきた、確かな実績のある方法を
包み隠さずお伝え致します。

この「頭痛解消法」に難しいところは少しもありません。
私の治療院に来られるご高齢の患者様にも実践して頂いている方法です。

大まかにご説明すると、たった3つのことを行って頂くだけです。

頭痛の原因を正しく理解して頂きます。
筋短縮を起こしている筋肉を緩め、頭痛を解消して頂きます。
日常生活の中で筋短縮を起こさない状態を継続させ、頭痛のない生活を
 送って頂きます。


たったこれだけです。

これだけのことを実践していただくだけで・・・
気が付いたら頭痛に悩まされない日々が続いていることに気が付くでしょう。

それはある日、それまでに飲んでいた薬を目にした時かも知れません。
「あれっ!?そういえば最近、薬を飲んでいない…」そう実感されることでしょう。

では、「具体的にどうすれば良いのでしょうか?」

はい、この方法を直接あなたにお伝え出来れば良いのですが、
現在、私の運営する治療院には、毎日全国から大変多くの患者様がお見えに
なりますので、直接お伝えするには限界があります。

ですから、頭痛やめまいでお悩みのあなたのために、この「頭痛解消法」を
大変分かりやすい、解説と実演付きのDVDに致しました。
【続きを読む】

劉先生の自宅で出来る頭痛・めまい解消法

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1348-d4fa61cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。