ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年間苦しんだ私の自律神経失調症を改善させた食事マニュアル

letter_photo.jpg

letter_copy.gif

体はいたって健康、健康診断も異常なし。なのに電車に乗ったり会議に
出席したり、商談や交渉事で人と接したりすると必ず体調が 悪くなる。
そのために昇進や昇給のチャンスを逃したり、ひどい場合仕事を辞めざるを
得ないケースが増えています。自律神経失調症の原因としては、ストレスや
更年期などのホルモンバランスの乱れや遺伝的に自律神経の調節バランスが
乱れている場合もあるが、大半は仕事や日常生活のストレスが原因と言われて
います。成果主義やリストラ、就職難や失業など厳しい時代が続き職場や家庭
でも気の休まるときがない人が増えています。そんな中ほとんどの方が、何ら
かの体調不良を抱えているが特定の原因が見つからず「気のせいだ」と医師
から診断されています。一方で自律神経失調症とは無縁にバリバリ働いて、
仕事もプライベートも充実し、心身ともに健康で旅行に出かけたり趣味に
興じたりと人生を謳歌している人もたくさんいます。何の罪も落ち度もない
自分がなぜこれ程苦しまなければならないのか・・という思いはありませんか?
また病院や薬にお金と時間を注ぎ込んできたが何ら効果を得られなかったので
はないでしょうか?

「もう悩まないでください」

病院や薬に頼らなくても自律神経失調症を改善させる方法があります。
ただ今、無料レポート『自律神経失調症を改善させるためにやるべき5つの事』
をプレゼントしています。レポートでは自律神経失調症の不快症状を和らげる
ために出来ることや教材『自律神経失調症を改善させた食事マニュアル』の内容
を一部抜粋しております。ご希望の方は最下部の無料レポート請求ボタンを
クリックしてメールを送信してください。私から添付ファイルにて無料レポート
をお送りします。申し遅れました。西垣達得と申します。私は過去に10年以上
自律神経失調症と思われる不快症状と闘ってきました。私の10代末から20代と
いう人生において貴重な時代は自律神経失調症の不快症状に苦しめられることと
なったのです。私があなたにご紹介する食事マニュアルは「本当にこんなことで
症状が改善するのか?」と疑いたくなる内容かもしれません。しかし私はこの
方法で10年間苦しみ続けた自律神経失調症を完全に克服したのです。

あなたは以下のような悩みを抱えていませんか?

不安・緊張・怒り・恐れなどの精神的圧力をほんの少し受けただけで 
  体調が変化する。
ちょっとした緊張や不安などで頻繁に下痢をする。
家族や他人の言葉や態度で体が過敏に反応する。
頻繁に頭痛が起こる。
喉に異物感、圧迫感があり頻繁にえずく。
食後に必ず、胃もたれのような不快感が残る。
胃腸が弱くすぐに腹痛をおこす。
不安・緊張・恐怖・怒りなどマイナス感情が現れると即腹痛・下痢
  吐き気などの症状を引き起こす。
病院で出された薬や漢方薬を服用したが何ら効果を得られなかった
心療内科へ通院したが症状が改善されなかった。
朝起きたとき、目覚めが悪かったり頭痛がする。
常に胃に不快感があり、満足いく食べ方ができない。
自分の体の不快症状を周囲に理解してもらえない。
医師から「検査の結果も異常なしだから問題ない、気のせいだよ」と
  言われた。
何度も異なる病院の異なる科を受診したが特に何の病気でもないと
  医師に言われた。
体の不快症状が現れるのを恐れて満足に仕事や外出ができない。
不快症状で疲れ果てノイローゼ気味である。
何度も医師から「何の病気でもないよ」と言われているが確実に
  自覚症状がある。
これまで自律訓練法や呼吸法、瞑想法や自己暗示法などを試した
  が全く効果が得られなかった。

上記のような悩みを抱えているが、病院に行っても薬を飲んでも改善の
兆しが見えてこない方も多いと思います。もしかしたら医師に
「○○さん、この症状は性格や気の持ちようが影響するから完全に治らない。
症状とうまく付き合っていくことが悪化させない秘訣だよ。」などと言われ
ショックを受けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかしそれは
全く間違った見解です。そんなことを言う医師は無責任というしかありません。
私は医師ではありませんが、経験上申し上げますと自律神経失調症の不快症状を
改善させるものは医師の治療や薬ではありません。

私が抱えていた不快症状は以下のものです。

胃の不快感(消化不良のような不快感)
下痢
腹痛
頭痛
喉の異物感・圧迫感・えずき
食後の胸焼け
吐き気
指先のしびれのような感覚異常(緊張時)
低血圧
顔のほてり

上記の中には常態化している症状もありましたが、
ほとんどが毎日の生活の中で起こりうるほんの小さな精神的負担がキッカケで
起こりました。自分の中で不安・緊張・怒りなどマイナス感情を抱く場面では
必ず不快症状が現れました。

ではどのようにこれらの不快症状を改善させたのか?

答えは『食事』です。
私はそれまでの『食事』を”変える”ことにより不快症状が
現れない体質に変わることができたのです。

食事療法は、続けるための忍耐が必要ですが薬などと違い安心、安全な療法です。

ただし持病のある方は医師と相談の上
ご利用ください。

こんな方にもお勧めです。
・ 最近、肥満気味でダイエットしたい。
・ メタボリックシンドロームである。
・ 便秘気味の方。
・ 他の治療法で効果が出なかった方。
・ もう病院や薬にはお金をかけたくない方。

ただし、以下の方はご利用いただけません。

☆腎臓病の方
☆その他、特定疾患で食事制限がある方

【続きを読む】

10年間苦しんだ私の自律神経失調症を改善させた食事マニュアル

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1259-bcd139e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。