ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年間苦しんだ私の自律神経失調症を改善させた食事マニュアル

     reportlogo.jpg

       緊急レポートにアクセス

      topimage.gif

10年間苦しんだ私の自律神経失調症を

改善させた食事マニュアル



医者や薬でも絶対に治せなかったのに・・・

10年以上苦しんだ

私の自律神経失調症が改善した


私は今回ご紹介する自律神経失調症を克服するための方法を知った時
こんなことで本当に治るのかと疑うだけでした。

しかし今は全く疑う余地はありません。

私は自律神経失調症の不快症状を改善するために

ただ自然の法則に従うことをしただけなのです。

何か特別の技術やテクニックは必要ありません。

ただその方法を知っているか否かということだけなのです。

おそらく自律神経失調症で悩む多くの人が、不快症状は

病院で出される薬を服用し、自分を取り巻く環境を変えれば治ると

思われているのではないでしょうか?

しかしながら

薬を飲んでも自分を取り巻く環境を

変えても自律神経失調症の不快症状が

改善することはありえません。


なぜそう言えるのか?ということについて
これからお話させていただきたいと思います。

そもそも「自律神経失調症」とは何でしょうか?

自律神経失調症を辞書で引いてみますと

「自律神経の均衡が乱れて、種々の症状を示す病気。頭痛・めまい・微熱・疲労感
不眠息切れ・胸苦しさ・食欲不振・冷え・発汗異常・便秘・下痢・嘔吐・性機能障害など
症状はさまざま。」


ということが書いてあります。

では「自律神経」とは何でしょうか?

この言葉も辞書で引いてみますと

「脊椎動物の末梢神経のひとつ。意志とは無関係に作用する神経で消化器
血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意器官の機能を促進または抑制し調節する。
交感神経と副交感神経とからなる。」


とあります。

「不随意器官」とは、自分の意志とは無関係に機能する器官のことです。

自律神経失調症という病名ですが

病院で検査をしても不調症状を引き起こす特定の病気が

見つからないもので、原因のはっきりしないものとも言われています。

以上のことから、自律神経失調症をわかりやすく言い換えれば

「食べすぎ、飲みすぎ、過度の運動、何らかの疾患、など特定の物理的原因が
無いにもかかわらず自分の意志とは無関係に作用する自律神経のバランスが
乱れて、種々の症状を引き起こす病気」


であると言えるでしょう。

これからする話は

「本当にそんなことで症状が改善するのか?」と

疑いたくなる内容かもしれません。

しかし私はこの方法で10年間苦しみ続けてきた

自律神経失調症を完全に克服したのです。

あなたは以下のような悩みを抱えていませんか?

・病院に行っても「ただの風邪だよ」とか「気のせいだよ」などと医師に言われた

・不安・緊張・恐怖・怒りなどの精神的な圧力をほんの少し受けただけで体調が変化する

・これまで自律訓練法や呼吸法、瞑想法などを試したが全く効果が得られなかった

・頻繁に頭痛を起こす(頭痛持ちな人)

・喉に異物感、圧迫感がありちょっとした不安、緊張で喉がえずくことがある

・朝起きたとき、喉の異物感で何度もえずく

・食欲不振である

・食後必ず、胸焼けに近い胃の不快感が残る

・常に下痢気味であるか頻繁に下痢を起こす

・胃腸が弱く、すぐに腹痛を起こす

・病院で出された薬や漢方薬を服用したが、何ら効果を得られなかった

・不安・緊張・恐怖・怒りなど精神的な圧力を感じたときに即、腹痛・下痢・吐き気など
 の症状を引き起こす

・心療内科へ通院したが症状が改善されなかった

・朝起きたとき、目覚めが悪かったり頭痛がする

・低血圧である

・常に手足が冷えている

・月経不順である

・便秘気味である

・常に胃に不快感があり、満足できる食べ方が出来ない

・自分の身体の不快症状を周囲に理解してもらえない

・医師から「検査の結果も異常ないから問題ない。気のせいだよ」と言われた

・何度も異なる病院の異なる科を受診したが特に何の病気でもないと医師に言われた

・体の不快症状が現れるのを恐れて、満足に仕事や外出ができない

・不快症状で疲れ果てノイローゼ気味である

・人前で字を書くとき、手が震えてまともに書けない

・肥満気味であり、なんとかダイエットがしたい

・メタボリックシンドロームである

・何度病院に行っても医師から「何の病気でもないよ」と言われているが、確実に
 自覚症状がある

上記のような悩みを抱えた方はたくさんいらっしゃると思います。

中には、病院にも行ったし薬も飲んでいるし、あとは日にち薬だとか

医師から「○○さん、この症状は性格や気の持ちようが影響する部分が多いから

完全には治らないから、症状とうまく付き合っていくことが悪化させない秘訣だよ。」

などと言われ、なかば諦めている方もいるのではないでしょうか?

しかし、諦めるのは早すぎます。

私自身10年もの間、原因不明の不快症状で苦しんできました。

その間、なんとか治してやろうと数多くの病院に行き、薬も飲み、書店で自律神経失調症関連

の本を何冊も購入して読みました。医師の指導による自律訓練法や呼吸法、瞑想法なども

実践し、漢方薬で治らないかと漢方薬の本を購入して調べ、実際に病院の

東洋医学科を受診して漢方薬での治療も試みました。

その他、芳香療法としてアロマテラピーも実践しました。

その結果はどうだったでしょうか。

正直に言いますと、どの治療も私には目立った効果は何一つ得られませんでした。

ここで、はっきりと申し上げます。

実は自律神経失調症などの不快症状を改善させるものは

医師の治療でもなければ、薬でもありません。

あなた自身があることを強い意志を持ってやり続けることで

大幅な症状改善が見られるのです。

私はその「あること」のおかけで10年来苦しんできた

自律神経のアンバランスから起こる不快症状を完全に克服したのです。
【続きを読む】

10年間苦しんだ私の自律神経失調症を改善させた食事マニュアル

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mhmy7657.blog46.fc2.com/tb.php/1212-67e271d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)ゆうき ゆう少年画報社 刊...
2010/06/25(金) 16:23:52 | これ欲しい
 男でも女と同じ、「持続した強烈な快感」を体感できる!  【セックスを超えた禁断...
2010/06/25(金) 17:08:40 | あれ欲しい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。