ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2015/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これぞ!まさしく食事療法不要の痛風治療法

header-H.jpg

read.gif

 こんにちは、株式会社e-flagsの岩本と申します。
弊社は、オンラインの書籍、教材を発行している会社で、
皆様の生活に役立つ情報を発信しております。

 この度、ベストセラー著書の納先生にご協力頂き、
納先生が蓄積されてきたデータ、
食事制限なし、飲酒OKの痛風治療法を公開出来る事になったのですが、

 そもそも、私(岩本)が先生に協力して頂き、
痛風の治療法を多くの方に知って頂きたいと考えたのは、
私の父が数年前に痛風で苦しんでいたからです。

 当時、私は痛風について何も知らなかったものですから、
イタズラで父の足をつついたりしたものです(苦笑)

 その時の大げさな痛がりようと言ったら今でも忘れられません。
わざと痛がっているものとばかり思っていました。

 そして、お酒が大好きだったにも関わらず痛風を患って以来、
お酒を口にする姿を見なくなりました。

 父の食事療法に合わせて家族全員が
父と同じメニューを食べたのをよく覚えています。
なぜ私までこんな食事を食べなくてはいけないのか!
そんな事を考えていた記憶が鮮明に残っているのです。

 もちろん一番辛いのは父なのですが、
私達家族にも少なからず影響があったのです。

 その時の記憶から、私には痛風はとにかく痛い!
お酒はダメ、食事も制限しないとダメ!という認識が植え付けられていました。

恐らく、このページをご覧になっているあなたも同じような認識ではないでしょうか?

なのに。半ば常識とも思われた禁酒、食事制限をしない痛風改善法が
あるというのですから私は驚きを隠せませんでした。

 父が痛風で苦しんでいた時にこの方法を知っていれば、
父自身はもちろん、私達家族もストレスのない生活が送れただろう。
そして、今も痛風で苦しんでいる方が正しい知識を持てば、
禁酒、食事制限で辛い生活を強いられずに済む。


 そんな思いから、この度納先生にご協力頂き、
食事制限なし、飲酒OKの痛風改善法をあなたにお伝え出来る事となりました。

 痛風により辛い生活を強いられている方は是非最後までご覧下さい。
  【続きを読む】

これぞ!まさしく食事療法不要の痛風治療法

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す

sub03_20090618103631.gif

ranking_20090618103608.gif

ひどい頭痛に悩んでいる、あなたの姿が目に浮かびます。 

恐らく頭が前に倒れて、猫背になっているのではないでしょうか?

8キロ~10キロある頭が前に倒れると、首の後ろの筋肉(広頚筋)と頭の後ろの筋肉
(後頭筋)は頭が前に倒れないように頭を後ろに引っ張っていることになります。
いつも緊張した状態になります。

首の筋肉は肩の筋肉につながっているので、首のこりがあり後頭部の血液循環悪化に
よって頭が重く感じられるのです。

よく目の奥が痛いとか、のどが弱い、鼻炎などの症状もあるかもしれません。
首が上下左右動きにくいとも、感じているかもしれません。

毎朝、起きるのも辛いでしょう。

のたうち回るようなどうしようもない痛みに襲われたり、
生きていくのが辛いほどの吐き気で苦しんでいるかもしれません。

周りには痛みが見えないので、解ってもらえない辛さもありますよね。


本当に今まで、よく痛みに耐えていらっしゃいました。
すごい精神力だと思います。

もう、薬を飲んで頭痛とうまく付き合っていくしかないと
あきらめていたかもしれません。

大変でしたね。
もう、大丈夫ですよ。私に任せてください。

私はこれまで、370人以上の頭痛に苦しむ方をこの方法で治してきました。

今から紹介する“N.H.R頭痛解消法”は
頭痛医学の最高峰、日本頭痛学会の名誉会員である朝倉教授にも認めて頂いた
治療法です。

まず、あなたにハッキリと言わなくてはなりません・・・。

頭痛は、簡単に痛みをとることができます。

ある方法を使えば・・・。

事実今までに、370人以上の頭痛持ちの方を
みてきました。

・偏頭痛でも

・緊張型頭痛でも

・群発性頭痛でも

ある方法を使えば、確実に痛みをとることができるのです。

偏頭痛

20~50歳代の女性に多く起きる頭痛で、吐き気がするほど激しい痛みで動けなくなる
こともあります。

緊張型頭痛

日本人に一番多い頭痛で、頭を締め付けられるような痛みがあります。慢性頭痛の70%を
占めていて、なんと、成人の22%、2200万人が悩んでいるといわれています。

群発性頭痛

群発地震のように、一定期間に集中して起こる頭痛です。20~30歳代の男性に多く、必ず頭の
片側だけが痛みます。

混合型頭痛

片頭痛と緊張型頭痛が同時に起こるという、やっかいな頭痛です。

chuui_20090618103712.gif

・意識障害 ・高熱 ・麻痺 ・視覚異常 ・記憶障害 ・言語障害 ・手足の痺れ

このような症状が現れたら危険信号です。
「たかが頭痛だから……」と思わずに、すぐに病院に行くことをお薦めします。

頭痛は、様々な病気が原因で起こることもあります。

頭のなかの病気が原因で起きる、生命にかかわる頭痛(脳腫瘍、くも膜下出血などの痛み)
もあります。

まずは脳神経外科、内科、神経内科等専門医の検査治療を受けてください。

【興味のある方は続きを】

日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。