ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2014/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312014/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

header-a1.jpg
header-a2.jpg

いまからの話は重要です。

なぜなら、リウマチは、薬に頼ることなく、2週間で痛みをやわらげる
ことができるからです。

その秘密を知りたい方は、まず、以下の話をお読みください…

much01.jpg

会社員のAさんは、今年51歳になります。

かれこれ、20年来、リウマチに悩まされ続けてきました。

はじめの頃は、関節が少し痛むくらいで、日常生活に支障はありませんでした。

しかし、40歳を過ぎた頃から、徐々に痛みに耐えられなくなり、
リウマチ治療薬を飲みはじめました。

薬を飲んでいるあいだは、痛みもなく、いつものように生活することができたので、
Aさんは、すっかり良くなった気分でいました。

しかし2年前、状況が一変しました。

「おかしいな…。さっき、薬を飲んだはずなのに、
まだ、関節が痛む…。」

Aさんは、これまで使っていた治療薬の効き目が、
以前よりも、弱くなってきたことに気がつきました。

やがて、痛みに耐え切れなくなったAさんは、かかりつけの医師に相談し、
いままで使っていた治療薬を変えてもらうことにしました。

「これで、また痛みをやわらげることができる…。」

しかし、新しく処方してもらった治療薬が、身体に合わなかったのか、
飲みはじめてすぐ、今度は、全身に湿疹ができてしまいました。

「痛みをやわらげるためだ、少しくらいは、がまん、がまん…。」

Aさんは、湿疹がでても気にすることなく、薬を飲み続けていました。

しかし、だんだん薬を飲んでも、痛みが治まらなくなり、
飲んでいないときの苦しみは、のた打ちまわりたくなるほどになってきました。

次第に、ひざを曲げる痛みに耐えられなくなり、
手すりがなくては、とても階段を降りることができません。

「まいったなぁ、少しでも痛みをやわらげられないだろうか…。」

さらにAさんは、薬を飲んでないときの痛みが、
以前よりも、ひどくなっていることに気がつきました。

「ひょっとしたら、どんどん悪化してるのかも…。」

なんとか、改善することはできないのでしょうか…?

much02.jpg

ある日のことです。

リウマチに苦しむAさんを見かねて、奥さんが、
家庭で取り入れることのできる改善方法を勧めてきました。

Aさんは、この手の改善方法は、あまり信用していませんでしたが、
わらにもすがる思いで、いまの治療薬と「併用」することで、
取り入れてみました。

すると、3日が過ぎた頃、信じられないことが起こったのです…!

毎日、少しずつですが、痛みがやわらいでいくのを
実感できるようになりました。

そして2週間後には、なんと、手すりを使わなくても、
階段を昇り降りできるようになったのです!

これまで、できなかったことが、どんどんできるようになり、楽しくて
しかたがありません。

Aさんは、一体、何を試したというのでしょう…?

much03.jpg

いきなりですが、大切な話をさせていただきます。

それは、あなたが、Aさんのような体験をするためにも、大切な話です。

中には、耳をふさぎたくなるような、聞きたくない話があるかもしれません。

しかし、今からの話は全て、あなたのリウマチを改善させる上で重要です。

なので、どうか、勇気を振りしぼって、そして、意識を集中してお聞きください。

では、はじめにひとつ質問があります。

あなたは、リウマチ治療に「特効薬」があると思いますか?

「あったらいいのにな…」
「そんなのがあれば、いますぐ買うよ!」

と思われるでしょう。

その気持ちは、わかります。

私もかつてリウマチで悩んでいました。

なので、そんな夢のような薬があったなら、生活費を削ってでも、手に入れた
いと思うものです。

しかし、あなたもお気づきの通り、リウマチ治療に「特効薬」はありません

残念ながら、これが悲しい現実です。

しかし、ご安心ください。
ある方法に取り組めば、「リウマチの痛み」をやわらげ、
リウマチを根っこから改善し、あなたの身体を正常な状態に戻せます。

結論からいうと、その方法とは、あなたの身体に起こっている、ある「異変」
を取り除く方法です。

それは、リウマチに悩む患者さんに共通して起こる「異変」です。

実は、リウマチに悩む患者さんの体内では、こんな「異変」が起きていたのです…

much04.jpg

あなたも、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

実は、私達の生活環境は、たくさんのウイルスにさらされています。

つまり、私達は、ウイルスだらけの世界で生活しているわけですが、
普通は、ウイルスが体内に入ってこようとすると、
身体の免疫システムがはたらき、侵入させないように守ってくれます。

しかし、リウマチ患者さんの身体は、免疫がきちんと機能しておらず、
間違えて、自分の身体を攻撃してしまっています。

わかりやすく言うと、この免疫の「誤作動」が、リウマチの正体なのです。

しかし、あなたの服用している薬は、この誤作動を根っこから改善する
役割はありません。

リウマチ治療薬には、痛みをやわらげる効果はあっても、
リウマチの原因を根っこから改善する効果はありません。


つまり、痛くないのは、「薬を使っているあいだだけ」なのです。

したがって、根っこからリウマチを改善するには、薬を飲み続けるだけ
ではいけません。

リウマチを改善するということは、「薬を必要としない、正常な状態に、体を戻す」
ことなのです。

また、リウマチの薬には、とても恐ろしい側面があります…

much05-H.jpg

あなたの使っている薬も、例外ではないかもしれません。

もし、あなたが、薬を使い始めてから

・ 体に湿疹
・ 胃腸に不具合

を経験したことがあるならば?
それは、リウマチ治療薬による、副作用のサインかもしれません。

少し大げさに聞こえてしまうかもしれませんね。

しかし、もし、あなたに心当たりがあれば、あなたが服用している
「リウマチ治療薬」を見直したほうが良いかもしれません。

なぜなら、リウマチ治療薬は、

「まさか、これが副作用…?」
「よくある、体調不良の症状じゃないか…?」

と、軽く考えてしまいがちな症状から、深刻な副作用がでるからです。

先ほど申し上げたとおり、リウマチ治療の基本は「薬物治療」です。
まだ、リウマチの症状が軽いうちは、副作用の少ない「非ステロイド剤」を
使って治療します。

また、それで改善がみられないときは、「抗リウマチ薬」に切り替え、
それでも効果のみられないときは、「ステロイド剤」を併用するのが主流です。

しかし、関節リウマチは、病気の進行がはやいため、
近年では、はじめから、抗リウマチ薬とステロイド剤を「併用」するのが
主流になりました。

すなわち…

much06-H1.jpg

リウマチの治療の多くは、長い時間を必要とします。

あなたは、どのくらい長く、リウマチに悩まされ続けているでしょうか?

もしかしたら、まだ、発症が分かったばかりかもしれませんが、
あなたも、長い間リウマチに悩んでいる人の話は聞いたことがありますよね。

実は、この「長い治療期間」が、薬の副作用リスクを高めてしまうのです。

抗リウマチ薬は、炎症を抑える効果がありますが、
長期使用により、次第に効果が弱くなります。
なので多くの場合、やがてステロイド剤との併用を迫られることになります。

ステロイド剤は注意して使うことで、リウマチの炎症を強力に抑える
効果があります。

しかし、あくまで「対処療法」のため、リウマチを根っこから改善する
効果はありません。

関節の痛みをやわらげるためには、薬を使い続けなくてはならないのです。

ステロイド剤の使用を、急にやめてしまうと、
ホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすくなることがあります。

つまり、長期間にわたって使い続けるほどに、やめることが困難になるのです。

もし、あなたが、ほかにも治療中の病気があり、薬を飲まれているなら、
副作用のリスクは、さらに高まりますので、とくに気をつけなくてはなりません。

副作用リスクの大きさは、「ステロイド剤 > 抗リウマチ薬 >
非ステロイド剤」です。

しかし、薬の効果というのは、強すぎても、また逆に、弱すぎてもいけません。

したがって、処方の際には、専門の医師であっても、ジレンマに陥るといいます。

もし、あなたが以下のような「身体の異変」を感じたなら?

・ むくみ、だるさがある
・ 身体に湿疹ができた
・ 胃腸に不快感を感じる
・ 急に太りだした、または食欲がなくなった
・ 寝付きが悪くなった

すぐに、医師に相談し、薬の使用を控えるよう気をつけてください。

どれも、「まさか、これが副作用…?」と思って、見過ごしてしまい
がちな症状です。

しかし、一歩ふみ込んで、検査をすることが、大切なのです。

なぜなら…

much07-H1.jpg

悲しい現実ですが、どんな薬にも、必ず副作用はあります。

リウマチは、ほかの病気に比べて、長期間にわたっての治療になります。

なので、それだけ、たくさんの薬を使うことになります。

長期間にわたって、薬を使い続けると、当然、それだけ副作用のリスクは
高くなります。

たとえば、あなたは、「ムーンフェイス」という言葉を聞いたことがありませんか?

ムーンフェイスとは、満月様顔貌ともいわれる、
ステロイド剤のよく知られている副作用のひとつです。

これは、満月のように、顔が丸く腫れ上がり、顔つきがかわってしまう副作用です。

長い時間をかけて少しずつ変化するため、初期段階では、なかなか気がつきません。

このように、リウマチ治療薬による副作用は、むくみ・だるさなど、
はじめは、なかなか副作用と気がつきにくい症状としてあらわれます。

しかし、長期間にわたる使用により…、

  ・ 糖尿病
  ・ 高血圧
  ・ 高脂血症
  ・ 動脈硬化
  ・ 血管炎
  ・ 骨粗しょう症
  ・ 白内障
  ・ 緑内障
  ・ ステロイド潰瘍

など、とても深刻な副作用の原因となることが報告されています。

なかには、「リウマチ治療のために薬を飲んでいた」はずなのに、
いつの間にか、「リウマチの痛みよりも苦しい、副作用に悩まされている」

という方もいます。

ほかにも、「副作用に苦しむくらいなら、少しくらいリウマチで痛いほうがいい!」
と、すでにあきらめてしまっている方も多くいらっしゃいます。

しかし、痛みをがまんしたままの生活は、考えているよりつらいもので、
痛みのなかったときは、思いもしないような、多くの不便を強いられる
ことになります。

また、そのような「がまん」が、さらなる症状の悪化や、
関節の破壊を引き起こす原因となっているのです。

そうなると、思うように運動はできず、階段の昇降でさえ苦痛になります。

指が思うように曲げられず、蛇口をひねるだけで痛み、
包丁を持つものつらくなります。

ふだんの生活で困ることが多くなると、行動範囲は狭くなり、気分も沈みがちに
なってしまいます。

とても、恐ろしいですよね。

私も、常にこのような恐怖を感じながら、薬を服用する毎日でした。

しかし、ご安心ください…

much08-H7.jpg

改めまして、こんにちは。

リウマチ改善アドバイザーの稲垣と申します。

現在、私は、リウマチ改善の専門家をしていますが、
わたし自身も、長い期間、リウマチに悩み続けた経験があります。

あなたのつらさは、身に染みてわかります。

あなたは、リウマチの苦痛から解放されるために、
色々な改善法を探した結果、今、このページをお読みのはずです。

私も昔は、今のあなたと同じように、色々な改善法を探し、そして、実際に
試してきました。

リウマチへ効くと言われる温泉を巡ったり、他にも、漢方、サプリ、
食事療法、鍼灸、リハビリなど、様々なものを試して来ました。

しかし、本当に効果があると言えるものは、ごくわずかなものでした。

このような遠回りは、お金も時間もかかるだけです。

何より、今こうしている間にも、根っこの部分で
リウマチは進行しており、あなたを苦しめているのです。

リウマチは、放っておくと、関節を破壊します。

破壊された関節を修復することは不可能で、最悪の場合、
車椅子や、寝たきりの生活になってしまいます。

そうならないためにも、「早期発見・早期治療」で、
できるだけ完治に近づけることが、とても大切です。

だからこそ、今回は、あなたがリウマチを改善する上で、最短コースを
走って頂くためにも、私がどのようにしてリウマチを改善してきたか?
その全てをお伝えします。

まず、わたしがリウマチを改善できたのは、
ふだんの治療に併用して、独自の「リウマチ改善術」を実践したからです。

この、リウマチ改善術は、副作用の心配が一切なく、
毎日の生活にかんたんに取り入れることのできるものです。

さらに、すべて「改善効果が認められた方法」です。

つまり、あなたは今日、「リウマチの痛みをやわらげる効果があり、
安心して続けていただける改善方法」を、手に入れるのです。

では、具体的に、どのようにして、あなたのリウマチを改善すれば良いか?

まず、大切なことからお伝えしましょう…

much09-H8.jpg

結論から申し上げます。

まず、あなたが薬の副作用を恐れずに、
短期間でリウマチを改善するには、あることを、知っておく必要があります。

それは、あなたが抱えるリウマチの原因についてです

直感で良いので、考えて頂きたいのですが、あなたのリウマチの原因は、
以下の3つのうち、どれにあてまはると思いますか?

genin.jpg

なかなか、素人では判断つきにくいものですが、
「もしかしたら…」と、思い当たったふしはありませんか?
であれば、幸いです。

なぜなら、これら3つの原因にあわせた改善術を使えば、あなたのリウマチは、
私と同じように、早くて2~3日で痛みをやわらげ、2週間ほどで劇的な改善が
期待できるからです

しかも、その改善術は、ご家庭でかんたんに実践できます。

実際、これら3つの原因を抱えていたリウマチの方々の多くが、その原因に
あわせた改善術を実践し、副作用の心配なくリウマチを改善し、痛みから
解放された実績があります。【続きを読む】

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました

image002.png

    image011.png

ではいったい、何をすればよいのですか?

私の苦労話と体験談を読んでくださいましてありがとうございます。
そうですよね。
そんな私がどうして重度の花粉症から解放されたのかお知りになりたいですよね。

端的に申し上げます。

それは30歳代に、それまで何十件もの病院に行ってましたが、たまたまダメもとで
行った病院で●●というものを処方されたのがキッカケです。
しかしながら、医者からは「1日3回~4回程度を目安に使用してください。」と言われた
だけで、その通り花粉症の時期に使っていたのですが、まったく効果がありませんでした。
ですが、自分で使い方を色々と研究・工夫していくと、なんと翌年からは花粉症
(アレルギー性鼻炎)の症状が治まったではありませんか!!。

それ以来、私は毎年その●●をもらうために、近所の内科に行って「●●をください」と
言って診察時間30秒程度で入手しております。そして、ちょっとした使い方の工夫を
することで、花粉症の症状から解放されました。

そうなのです。わたしは、このとき34歳でしたが、それ以降現在まで(44歳までの10年間)
花粉症の症状から解放されているのです!。

ちなみに、その●●は国内のたいていの耳鼻科でも内科でも処方してもらうことは可能な
ようです。私は数回引越しをしましたが、そのたびに花粉症の始る時期の前に引越し先の
異なる内科でもらっております。
ただし、とある理由から、花粉症ですと言って病院に行くと、処方される可能性は極めて
低いのです。

もう一度、申し上げます。

病院の花粉症の処方薬にも何十種類と数がありますが、その中からある●●を入手し、
ちょっとした使い方の工夫をするだけで、前述した私の花粉症の症状は消え去りました。
そうなのです。ここが重要なのですが、医者に処方してもらうのではなく、自分から薬名を
申告してそれを処方してもらう必要があるのです。

本当に天国とはこのことです。あれだけきつくて苦しくてたいへんだった、花粉症の症状
から解放されたのです。もちろん、医者が説明してくれないちょっとした工夫の使い方も
とても重要です。


3月~5月も東京在住でマスク無し、花粉が多いゴルフ場に行ってもマスクせずに、クシャミ
・鼻水・鼻詰まりという症状は一切出ておりません!!

はい。私も信じられませんでした。

一番驚いていたのは私の妻です。

なぜなら、上記の症状を結婚してから何年も見ていたのに、34歳から突然に症状が全く
出ていないのですから。そして、以下のようなことも家庭ではなくなりましたから。

・家の中で両方の花の穴にティッシュを詰め込んでテレビもみてません

・家でも外でも、突然大きなクシャミを連発しなくなりました

・鼻の下が痛いといって妻のスキンクリームを塗ることなくなりました

・ゴミ箱のティッシュの山も消えました

・鼻を思いっきりかんでいて家族に不快な思いをさせることがなくなりました

・鼻血のついたティッシュを家族が見ることがなくなりました

・寝起きに舌が固まっていて、朝方に洗面所でえづくのを聞かなくなりました

・ティッシュボックスの消費量が極端に減りました。いいえ、必要ないので使わなく
 なりました

それになんと、私の妻も3年前から突然花粉症になりまして、私と同じ薬で1日で症状が
治ってしまったという、何とも奇遇な実話もあります(嘘のような本当の話です)。



友人知人も花粉症の症状がなくなりました。

そして、約10年前のことですが、3月~4月になってもマスクもせずに、鼻水を垂ら
していない私に気がついた花粉症持ちの友人・知人に、「どうして症状出てないんだ」と
驚かれました。

ぜひ教えて欲しいという友人・知人がたくさんにいまして、これまでに数十人にこの薬の
入手方法と私がどのように使用しているかを説明いたしました。

その後の経過を尋ねますと、次々に私と同じように症状が治まり、全員が普通に鼻呼吸
しておりました。


私は、これらの方々からは花粉症博士と言われております(笑ってしまいますが本当です)。

上記の友人・知人も、自分の知り合いの花粉症患者に方法を教えてあげて、感謝されたと
いう連絡を頂きました。

また、私が実施している方法は、確実に効くのだろうかと思いまして、2009年の4月に
社内で思いっきり花粉症の症状(鼻水たらたらで常にマスクして仕事していた)をしていた
5人に対して、私が使用している●●を使ってみていただけませんかと伝えました。ただし、
もちろん私だけが知っている、ちょっとした工夫の使い方とあわせて説明をいたしました。


しかし、全員が「今も別の薬を処方されていますし、これまでにも色んなもの試したけど、
今まで効いた試しがないからいいですよ」「病院に行く時間もないからいいですよ」と
断られました。


でも、私は効果があるのかどうしてもテストしたくて、その5人に「だまされたと思って
一度だけ試してください」と頭を下げてお願いして試していただけることになりました。


その結果、重度の一人だけ(下記のケース1)は2週間程かかりましたが、残りの4人は
数日のうちに花粉症の症状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみ)がなくなっていました。

5人の年齢と性別、花粉症暦は以下のとおりです

image021.jpg

「ねっ嘘じゃなくて本当だったでしょ」と私が言うと、
「信じられません。本当にありがうとうございます。
 これで、来年以降も花粉症に悩まされなくて済みます」と全員にお礼の言葉を
 言われました。
 注)私のおススメする方法は対処療法であり、完治療法ではありません。

あまり難しいノウハウだと実行する自信がありません。

 全く問題ありません。いたってシンプルなマニュアルであるため、何か特別な知識も
必要ありません。
前述したように、メインは近所の内科か耳鼻科に行って「●●を処方してください」と
言うだけ
です。

それと、私の使い方が詳細に書かれた、PDFファイルを読んで実行していただくだけです。

PDFファイルは74ページで7章までありますが、基礎知識等は特に必要ないという方は、
5章のみを読んでいただければ花粉症は抑えることができます。
とにかく、シンプル・簡単・誰にでもできることです。根気も必要ありません。

他の類似品とは、ここが違います。

この手紙を書く前に、現時点で販売されている花粉症撃退法なるものをいくつか読み
ましたが、食事療法で体質改善したり、高額なサプリメントを飲み続けるというように、
マニュアル購入後に時間もお金も労力もかかるものばかりでした。

中には、1個50円の飴を毎日舐めたら治るというものがありましたが、本当なのかと
疑ってしまいます。その飴をずっと購入させるのが目的なのでしょう。。。。

〇〇ストレッチ式というもので花粉症が治るというのも購入しましたが、中味を読んで
すぐにゴミ箱行きとなりました。

さらに、マニュアルが100ページ以上もあるものが売られておりましたが、そんなに
多くのことを読まないといけないということ自体が、簡単に症状が治まる方法だとは
言えないと感じるのは私だけでしょうか。

あなたにもよく考えて欲しいのです!!。


100頁以上もあるマニュ読まないといけないということは、その中に書かれてあるたく
さんの制限事項や留意することや、色々なことに気をつけて生活しないとダメということに
他なりませんよ!!

私と私の多くの友人・知人達が花粉症の症状が治った方法は、10分程度もあればあなたは
理解することができるでしょう。
【続きを読む】

ありとあらゆる花粉症対策を実践して苦節24年でたどり着きました

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。