ダイエット・美容・健康に関するおすすめ情報の提供

2013/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リノール酸低減式花粉症対策

alltitle.jpg

花粉症の人の体には、「かゆみの元となる物質」が溜まっています。

これを減らせば、花粉に反応しない体になります。

マスト細胞に溜まっているその物質は、
1ヶ月あれば、十分に減らせます。

その方法をこのマニュアルにまとめました。

bookimage4.jpg

対症療法にはもうウンザリ…

今、お医者さんに行っても薬を渡されるだけ。

いろいろな医者に診てもらったけどダメだった。

もう、限界…

医者はもういい!薬もらっても治らん!

こうなったら、
自分の手で根本治療法を探し出してやる!

と、私は固く決意しました。

それから2年に渡る調査の末、
ようやく100%に近い改善率を誇る治療法にたどり着き、

自分や周りの人の花粉症の完治に成功!

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、目やに・・・

これら全ての症状が、薬なしで一切でなくなったのです。

そして、
多くの人が目の前で次から次へと治っていくのを見て私は思いました。

  「この治療法は本当にすごいな…」

  「なぜこの治療法が広まっていないんだろう?」

  「今まで受けた治療は一体何だったんだ…」 と。

多くの人が実際に治った
根本療法があります。


今ここで、
それを公開します。

花粉症の苦しみから逃れ、完全に解放されたいとお考えのあなたへ…

私には、花粉症に苦しめられてきた過去があります…

しかし現在は、花粉症を完治することに成功し、
その経験や知識を、多くの花粉症の方々にお伝えする活動をしています。

完治に成功したのは私だけではなく、重度の花粉症だった私の母も同様です。

かつて、私の母の花粉症は2月になると、とにかくひどい状態で、
毎日、朝から晩まで目は真っ赤。

数分ごとに目薬をさし、数時間ごとに強い薬を飲んでいました。

夜にはぐっすり眠る事ができず、寝起きには喉がはれ、
朝は再び目が真っ赤にはれあがる…。

日中は鼻水、鼻づまりで家事が手につかない…。

そんな辛い生活を彼女は25年間続けていました。
私はそんな母を、痛ましく見ていたものです。

「何とかしてあげたい」と思っても、
実際は何もしてあげられずにいました…。

完治する方法を知らなかった当時の私には、何もしてあげられなかったのです。

そして一方の私自身も、ひどい花粉症に悩まされていました。
自分の症状を抑えるだけで精一杯でした…。

花粉症については、私も母も、いろいろな花粉症対策を試していましたが、
どれもその場しのぎにしかならず、状況は改善されませんでした。

今思えばあの当時の私は、
「このままずっと花粉症と付き合っていくしかないだろうな…」
と完全に諦めていたのです。

このまま一生、

苦しみ続けるしかないのか…


ある日、買い物から帰ってきた母親の目が、ものすごく真っ赤に腫れあがり、
今までに見たこともないほどひどい症状が出ていました。

目を“ぐりんぐりんと”かきむしる母…。
やがて目に傷ができ、ますます赤くなっていく母の目…。

それでも母は目をかくのをやめません。

20分ほどして、うっすらと膜の様なものが張っきてしまいました。

「ヤバい…。このままでは母の目は、どうにかなってしまう…」
と私は強い不安を覚えました。

「失明してしまうかも知れない…」
とさえ、本気で思いました。

たまらず私は言いました。
「やめてくれ!かあさん!それ以上かき続けると失明しちゃうよ!!」

私はなんとか、かくのをやめてもらおうと説得し続けました。

それでも一向に目をかくのをやめない母。

そしてついに私は言ってしまいました。

「いいかげんにしろ!!!」

私はついに、自分の母親をどなりつけてしまいました。

泣きそうな顔になる母。

そして再び目をかきむしりながら、私のそばから離れて行きました…。

・・・

私は、ふと我に返り、自分がしたことを後悔しはじめました。

ただでさえ花粉症のかゆみと痛みで、もがき苦しんでいた母。
そんな母に対して、私はなんてひどいことを言ってしまったんだろう。

本当なら、やさしい言葉をかけてあげなきゃいけなかったはず。
少しでも力になってあげなきゃいけなかったはず。

それなのに私は、こともあろうに、罵声をあびせ、傷つけてしまったのです。

私は、花粉症がいかに辛くて悲しいものなのか、それなりに理解していた
つもりでした。
なぜなら私自身も花粉症で苦しんでいたからです。

母は、25年以上も花粉症に苦しめられてきました。
シーズン中には、毎日欠かさず薬を飲み、目薬をさし、マスクをしていました。

いつもティッシュをそばに置き、かゆい目をこすっては、
辛そうにしている姿が、今も目に浮かびます。

いつも目がしみて、痛みに耐えていた私の母。

私はそんな母に罵声をあびせてしまったのです。
私はすぐさま、自分の愚かさに気がつきました。

「何やってるんだ俺は…」

そして私は次のように考えました。

今までの私は、花粉症に苦しむ母に対して、
一体何をしてあげられただろうか?

苦しんでいる母をよそに、何もしてこなかったのではないか?

そもそも私は、

花粉症を “完治” することに、
どれほどの力を注いできただろうか?


“完治”しようと全力で努力してきただろうか?

そう自分に問いかけてみました。

なさけないことに、
私は「その場しのぎ」の対策に終始するばかりでした。
対症療法しかやってこなかったのです。

そして、
「花粉症は完治しないもの」 と思い込んでいる自分に気がついたのです。

完治できるとも思っておらず、
完治する努力もしてきませんでした。

最初から完治をあきらめていた自分

に気がつきました。


これに気づいた私は、
その日を境に、“花粉症を完治したい” と思うようになりました。

もうこれ以上、母を傷つけたくない。
もうこれ以上、母が苦しむ姿を見たくない。

そして私自身、
もう二度と、あの辛い目のかゆみ、鼻のかゆみ、花粉症の苦しみを
味わいたくない!

と、心の底から思ったのです。

ついに私は決心しました。

「母の花粉症を完治させてあげよう」
「そして自分自身も花粉症を完全に克服しよう!」

と。
絶対に花粉症を完治する、と強く誓ったのです。

マスクでは花粉症は治りません。

薬は一時的に症状を抑えるだけです。

私の場合、ヨーグルトを食べ続けても、まったく治りませんでした。

甜茶もまったく効きませんでした。

アロマセラピーで、
ありとあらゆる香りをかぎまくりましたが、全然効きませんでした。

漢方薬もイマイチでした。
効いてるんだか、そうじゃないのか分からない。
せいぜいその程度でした。

100%の人が完治した

実績のある方法は

この世に一つもないのだろうか?


私はさっそく、「ほぼ100%の人が治った」という
「実績のある治療法」を探し始めました。

インターネットはもちろん、大学図書館や大きな書店に、何度も足を
運びました。
全国のさまざまな図書館に通ったり、有名な専門家や医師を訪ねて回りました。

花粉症に関するあらゆる資料を取り寄せ、読み漁りました。

しかし、イマイチな情報ばかりで、
100%完治の実績をもつ治療法はなかなか見つかりませんでした。

“執念”に燃えた研究者のごとく

調査、調査、また調査…


そこで私は、大学院の学生をしていた頃に慣れ親しんだ医学論文
その他の学術論文を取り寄せることにしました。

その中でも特に信頼できる論文だけを選び、
すみずみまで読み上げていきました。

どんなささいな情報も見のがすまいと、
大量の論文を一つ一つ、厳しい目でチェックしていきました。

目指したのはただ一つ。
「ほぼ100%の人が完治した治療法」を見つけ出すこと。

ひたすら「100%完治」にこだわり続け、
数え切れないほど大量の論文を読み漁ること2年…。

あった!!

ついに見つけたーっ!!


花粉症に苦しみながらひたすら調査を続けていた毎日。
しかし、ある日、ついに花粉症を完治に導く素晴らしい発見をしたのです。

それはまさに、
実際に100%近くの花粉症患者が完治した治療法との出会いだったのです。

それは、敏感体質を根底から改善する治療法でした。

その治療法は、
山口県にある公立病院に勤める老齢の小児科医によるものでした。

その公立病院の医師は、
その病院でほぼ100%の花粉症患者を完治させていたのです。

公立の病院での治療ですから、いかがわしい民間療法なんかではなく、
根拠がしっかりした治療法でした。

私はどうしてもこの医師に会いたくなって、
住んでいる愛知県からはるばる、山口県にあるその病院に行きました。

そしてついに私は、
ほぼ100%完治の実績を持つ医師に会うことができたのです。

そして、私は次々と質問をしました。

  「先生が書かれた資料に、
   “本症の成人40例は、筆者が小児科であるため少ない経験ですが、
   ほぼ満足いく解決法が得られています。”
   と載っているが、これは本当に100%近い完治率なのか?」

  「鼻水、くしゃみは1~2週間で、
   鼻づまりは2~4週間で著明な効果がある
というのは本当か?」

  「そもそも、花粉に過敏になる根本原因は何なのか?」

  「どうやって治療するのか?」

  「なぜ、その方法で治っているのか?」

こういった質問を、自分が完全に納得いくまで繰り返しました。

その医師は、言葉を選びながらとても丁寧に質問に答えてくれました。
私はこうして、全ての疑問を一つ一つ解消していったのです。

私はお会いする前に、その医師のありったけの資料を熟読し、
ある程度の専門知識を持った上で面会に臨みました。

会話中、それらの資料を手に質問をする私に対して、
その医師が何度も言いました。

「よく、ここまで調べましたね。」

と言って非常に驚いていました。

私としては、資料に載っていないこと、載せられないこと
まで深く学びたかったのです。

また、
40年以上もの長い間、現場で治療をしてこられた“医師の肌感覚”
というのは、資料や文献に書かれていること以上に大事だと思ったのです。

そして、はるばる遠くまで足を運び、徹底指導を受けた甲斐があって、
資料では語られていない、より強力で具体的な治療のコツ
を学ぶことができました。

その医師からマンツーマンの指導を受けている間中、私は必死でノートを
取りました。

医師は、治療の根拠を示す参考文献や研究者の名前など、
より詳しい情報のありかを教えてくれました。

私はそのノートを頼りに、家に帰った後も新たな文献を取り寄せ、
一つ一つ読み込んでいきました。

それまでは、治療法そのものを探していたのですが、
その日を境に、なぜ、その治療法で100%近くの人が治っているのか、
ということについて詳しく調べていきました。

つまり、その治療法のメカニズムに興味を持つようになったのです。

さらに、“超一流の研究者”に会って

その治療法の原理を学びました。


そんな中で、花粉症やアレルギーのメカニズムについてものすごく詳しい、
日本でも指折りの研究者にも会いに行きました。

その研究者は、東京大学薬学部助手、
米国ミシガン大学医学部、ベイラー医科大学留学を経て、
ついには薬学関係の学会まで立ち上げてしまったという、
日本で最も花粉症・アレルギーについて詳しい研究者の一人だったのです。

つまり、アレルギー研究の第一人者でいらっしゃいます。

その先生は幸いにも、私の住んでいる愛知県にお住まいでした。

おぉ!!なんという偶然!

ということで、早速、会いに行きました。
その先生が立ち上げた薬学関係の学会にも入会し、先生と直接お話をさせて
頂きました。

ここでも、先にお話しした医師とおなじように、
“研究者の肌感覚”を学ぶことができました。

資料に載っていない知識こそが重要であるということを改めて痛感しました。

これを機に、分子レベル・細胞レベルで、治った原理を調べていきました。
すると、今までまったく知らなかった驚くべき事実が、次々と明らかに
なっていきました。

そして、
明らかになったメカニズムを利用して、
自分なりに応用していきました。


その医師と研究者は、本人は花粉症ではありません。
花粉症である私自身が、自分の体を実験台にして、より効率良く、より楽に
取り組める、

独自の治療法を編み出して行ったのです。

こうして私は、ほぼ100%完治の実績を持つ治療法
進化させていったのです。
【続きを読む】

     

リノール酸低減式花粉症対策

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
頑張らなくていい産後ダイエット

catch-H1.gif
subcatch.gif

stopics08.gif

そんな事誰が決めたの?!

私にも子供がいますから、もちろん自分の為にお金を使っていられない事ぐらい、よく
わかっています。

エステだなんて贅沢だって事もわかっています・・・
脂肪吸引や高額なダイエット器具だって買えません・・・

でも、子供を産んだって“女”です。

女性はこの世に生まれて、死ぬまで“女”です。

元々女に生まれて、途中で母親になったのです。

ですから“母親”である前に“女”なのです。

私はありとあらゆるダイエットに失敗し続けて、キレイになる事を諦めかけていました。

だから、産後ダイエットに悩むあなたの気持ちもよく分かります。
あなたも、私と一緒にキレイになりませんか?

短期間で、驚くほどキレイになったあなたを見て、

「エステに通っているの?」
「どんなダイエットをしたの?」
「何でそんなに若さを保てるの?」


と周りは秘密を知りたがりますよ!

そして、あなたは涼しい顔をして答えて下さい。
「何にもしてないよぉ!」ってね!

stopics09.gif

ここで、私と芝崎先生の出会いを少しお話させて頂きますね。
私は出版社に勤めており、新たな企画で“産後ダイエット”についての特集が組まれる
事になりました。

何故“産後ダイエット”なのか・・・と言いますと、
産後は体型も、痩せ方も妊娠前と全く変わってしまい、
出産を経験した多くの女性が、ダイエットに悩んでいる事を知り、
私自身も、なかなか痩せる事が出来ない事を痛感していたからです。

そこで、インターネットや過去のテレビ番組の特集や、女性誌などを参考に
“即効性が高く”“信頼性があり”“手軽に行える”産後ダイエット方法を探しました。

そして、産後ママの為に小さなお子さんがいても、

自由な時間がなかなかとれなくても、無理なく続けられるように、

“自宅で出来る”という部分に最後までこだわり続けました。


stopics10.gif

TBS「ワンダフル」という番組でレギュラー出演していた先生は、
たった90秒という短時間で、何も道具を使わず、
その場でウエスト-5㎝や、ヒップ-6㎝という施術を行うのです。

その映像に驚かされた私は、先生の行っている特別な施術方法をどうしても知りたく思い、
早速芝崎先生に連絡を取らせて頂きました。

先生は、私からの突然のお話にも関わらず、親身に耳を傾けて下さり、
今回産後ダイエットで悩んでいる女性を助けるお手伝いを快く引き受けて下さいました。

私は自分と同じように、様々なダイエットに失敗し、子供がいてもキレイになりたいと
いうママに自信を持ってご紹介出来る先生を見つける事が出来たと、心から思っています。

stopics11.gif

開業以来、その速効性と効果の高さから大好評の芝崎プロポーションクリニックでは
芝崎先生の直々のご指導により、技術を得たお弟子さんも育ち、
同じく、青山に芝崎プロポーションクリニックANNEXを開業なさいました。

現在でもタレントさんや芸能人が訪れる人気サロンとして幅広く支持されています。

さて、ここからは「何故整体が産後ダイエットに良いのか・・・」というお話をさせて頂きます。

聞けば納得して頂けますので、必ず読んで下さいね!

stopics12.gif

本来であれば、女性の体は“出産”という大仕事に対し、体の備えが十分に出来ています。

しかし、近年のママは生活習慣などから、出産前から元々体に歪みが生じているのです。

昔、江戸の時代の女性は生理痛などもなく、生理用ナプキンなどは存在しませんでした。

何故なら、普段から体を動かしキレイな骨格を保っていた事で、生理をコントロール
出来たのです。
その為、出血はお手洗いまで止める事が出来、その際に生理の血を出していたのです。
そして生理期間も、3日程度と短かったそうです。

それが、現在の女性はどうでしょう。

生理痛は激しく、生理は1週間も続く・・・

それこそが体の骨格が正しい状態を維持出来ていない証拠です。
その為、お産も重くなり産後の回復にも時間がかかってしまったり、
通常分娩が不可能になってしまう事さえあるのです。

妊娠後、女性は10か月以上お腹の中で赤ちゃんを育て続け、
背骨は大きく歪み、日に日に重たくなっていく子宮を骨盤が支え続けます。

そして、出産時骨盤は大きく開きます。

ご覧いただけばおわかりの通り、骨盤は最大限まで開きます。

本来であれば、開いた骨盤は正しい生活習慣と、正しい姿勢によって自然と元に
戻るものです。

しかし、現在の産後ママのほとんどは

骨盤が正常な状態に戻っていないのです。


それは、近代化された日本では仕方のない事なのです。

img3.gif

こういった症状のある方は骨盤が開いている証拠なのです。

しかし、あなたの周りでも、子供を産んでいるのに細いお母さんっていますよね?
それは、決して無理なダイエットをしているからではありません。

骨盤が本来あるべき正常な位置に戻り、代謝を落とす事無く、自然と“痩せ体質”が
出来ているのです。

あの有名な歌手やタレントさんも同じです。

stopics13.gif

芝崎プロポーションクリニックには、出産を終えた有名なタレントさんやモデルさんが
多数訪れます。

守秘義務の為、直接お名前をお伺いする事は出来ませんでしたが、
テレビで顔を見ない日はないくらい、誰もが知っているタレントさんもいたそうです。

キレイなスタイルを保っている産後ママは、何か特別なダイエットをしている訳でも、
エステに通い続けている訳でもありません。

本来あるべき正しい位置に、骨盤をしっかり戻しているという事だけです。
そして、産後の歪んだ骨盤を元に戻す事に、出産後の経過時間などは関係ありません。

「子供を産んで半年で元に戻さなくてはいけない!」
という言葉をよく聞きますが、私には6歳の息子がいます。

この骨盤ダイエットは“産後ダイエット”と銘打っていますが、
「元の体型に戻す」事が目的ではありません。

「本来あるべきキレイな体型を手に入れる」事が目的です!

その為、妊娠前よりもキレイになれる可能性が

充分にあり得るという事です。


「何だ、骨盤ダイエットか・・・」と思ったあなたは必見!

stopics25.gif

私が行った骨盤ダイエットは一日たった5分です。
芝崎先生が長年に渡り、11万人という施術実績を誇り、
タレントやモデルまでもが支持し続けているのには、理由があります。

理由は簡単。

即効性が桁違いだから!

現在、骨盤ダイエットの方法は、ネットやテレビなどで情報を集めることが可能です。

しかし、結局思ったような効果が現れずに、
途中で挫折してしまう女性が多いのが現状です。

当然ですよね。
結果が出なければ、続けても意味がありません。

私も短気なので、即効性の高いダイエットしかしません!

そんな私が、楽しく続けられた理由はひとつ。

効果が目に見えてわかったから。

では、その驚きの効果をご紹介いたします。

stopics14.gif

私が行った骨盤ダイエットは一日たった5分です。
1日たった5分続けるだけで3日後には早くも効果が現れました。

それでは、あなたの理想の体型を思い浮かべて下さい。

img4.gif

まだまだ出てきそうですが、この辺で・・・

さて、ここで一つ気になる事が出てきました。

そう“体重”です。

誰もが“ダイエット”と言えば毎日体重計に乗って、「太った・・・痩せなきゃ」と
溜息をつきます。

でも、どんなスタイルが理想ですか?と尋ねると、体重を落とす事が目的では
ないようです。

体重はあくまでも目安であって、キレイなスタイルを作るうえで

体重計の数字にこだわる必要はないのです。


体重を落とす → キレイになれるという考えは間違えています。

キレイになる→ 余分なお肉が無くなるから体重も落ちるという結果論です。

ですから、体重にばかりとらわれてしまっては、正しいダイエットは出来ないのです。

骨盤の位置が正常に戻ると、体の中に溜まった“毒素”は自然と排出されるようになります。

女性の場合、悪い毒素はおわん形になっている骨盤に溜まりやすいのです。
その骨盤を正常な位置に戻す事によって、体の中の気の流れが良くなり、
代謝も上がり、スラッとしたキレイな痩せ体質が出来るのです。

下記の絵をご覧ください。

stopics15.gif

west.gif

上記の2枚の絵は、ウエストサイズ以外は全て同じサイズです。
しかし、見た目はどうでしょう。

ウエストだけが細くなったという事で、スタイルは全く違って見えますよね?
例え、体重だけが軽くなるようなダイエット方法を実践しても、キレイなスタイルを作る事は
不可能なのです。

人間の体は十分な栄養を摂取出来ない場合、まず筋肉を衰えさせます。

それは、脂肪よりも筋肉の方がずっとカロリーを消費する為です。
筋肉が脂肪に変わって、ようやく脂肪を消費し出します。

そして、真っ先に脂肪が落ちるのは上半身です。
骨盤が歪んでいる女性は、下半身の代謝が非常に低下しています。

その為、比較的代謝の高い上半身から脂肪を落とすのです。

上半身の代表的な脂肪と言えば・・・

そうです!バストです!
どういう事かと言いますと、胸元のお肉が落ちてゆき、下半身はそのまま・・・

それどころか、代謝の落ちている体は、人体の機能低下に備えて脂肪を蓄えようと働き、
一番お肉のつきやすい部分にどんどん蓄えようとするのです。

それがお腹周りや、お尻といった下半身になるのです。

という事は、胸はなくなり下半身デブになるという事・・・

「痩せたい!キレイになりたい!」と強く願って行ったダイエットの為の行動が、更なる
悪循環を生みだす。

その理由はご理解頂けたと思います。

「私はキレイに痩せたいんです!」というあなたの声が聞こえてきそうですね。

ではその方法をご紹介致します!【続きを読む】

頑張らなくていい産後ダイエット

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。